人類の進化

■人類の進化について
目次

関連記事

全般


人類の次の進化として、自分の心の反射(投影)を100%受け切る試練を通過することが条件に成ると感じています。
今までは自我(じが:自己優先・保存の思い)を通じての反射なので、どんな思いを自分が他人に抱いていましても、現実には別に変化を感じられなかったでしょう。
ところが、これからは自分の脳内での反射がリアルタイムに心に響き始めると思います。

他人を害する思いを持てば、直ぐに自分の心も痛み始める。
他人を応援したい思いを持てば、自分の心も温かく応援されているように感じる。
このような反射を誰もが実感し始めると思います。

こうなりますと人類は、一人で頭を抱えて苦しむ人間と、生き生きと楽しそうに生活する人間とに二分して行くと感じます。
貧富の差も、まったく関係ないのです。だから、お金持ちのウツ病患者もこれから増え出すでしょう。
とにかく自分の心の反射を、人類は直に受け出すのです。

この時に、自分の心に神様が居ることを知識として知っていた、自分の心の神様(良心)を大切にしていた、ということが非常に大きな運命を分けるカギに成ると感じています。
次元としての反射が起こり始めてからでは遅いのです。
コノ世の次元において、ある日突然にグレンとカベが回転するように、人類の自己内の心象風景が変わり始めます。



釈尊には、嫌いな人間が一切いませんでした。どんな人間でも、真から愛おしかったのです。敵対する者にも、慈悲心を持っていました。
自分の霊性の進化をサニワ(判断)するポイントとして、嫌いな他人がいるかどうかの増減を自己観察するのも良いです。



細胞を正常化して強化させる最高の指示(思い)方法は、生かされている感謝をすることです。
自分が寝ている時も遊んでいる時も、自分の細胞は淡々と24時間働いていてくれます。呼吸が出来るのも、自主的に細胞が働いてくれているからです。
このように自律神経が管轄する生命活動とは、心の内在神の支配下にあるようです。
要するに人間の死期とは、その本人の内在神が決めると言えます。その人間のすべての行状を知る内在神(心の良心)が決めるのです。その人間のプラス・マイナスを総合して判断し、死に方も決めています。

つまり人類の進化も、その人間の内在神が決めます。
もう人類は、自分以外の他者に神を求めることは退化することに気付かなければ生けません。
自分の内面にこそ、すべてに指令を出す万能細胞の親(内在神)が居ることを自覚しなければなりません。
いや、自分なんてダメな人間だと思う人も居るでしょう。しかし、あなたの肉体が出現しているのは、内在神が実在する証拠なのです。現に生まれているのですから、大丈夫なのです。
指令の出し方を、今まで知らなかった、間違っていた(魔道スピリチュアルや悪徳信仰など)だけなのです。

今がすでに老体でも問題はありません。万能細胞に正しい指示を出せば、それが生きながら再生する世紀が始まるのです。無限に再生して、寿命が延びる世紀が必ず来ます。
現代科学は、その指示と再生が存在するという事実を、まだ知り始めたにすぎません。
自分にも他人にも、感謝の思いを出して見ましょう。すべてが再生して行きます。



これを宇宙からの視線(神)が、人類を観察していることを感じます。
まさに人類が、手のひらの上の猿人で終わるのか、新たな進化をした神人に成るのかの分岐点の時節が来ていると感じます。
人類が猿人のままならば、殺し合いで自滅することでしょう。



人間は人生において、「もう自分はダメかな。」と思うことが誰にでもあります。
しかし、これは逆に言えば、自分が設定した負荷力が最大に機能しており、魂の昇華と進化をするために最高に効率の良いモード状態とも言えます。
先行きが見えない状態とは、最高に不安で悲しくて、誰でも嫌に成るものです。
しかし、自分の魂の本性が出るのは、このような状態の時なのです。
そして、心に内在する神様との距離が縮まる時でもあります。



これから人類は、肉体重視の体から、霊体重視の体へと進化します。
この現象の初期には、今の時代の肉体が弱体化を始めるかも知れません。脱皮をして、新しいボディスーツに着替えるような感じです。
私は、今までに亡くなった人々や動物も、生き生きとして今の次元に重なる並行した空間で、生存しているのを感じています。

ただし、自分が進化して、これらの魂に出会うには、今の肉体で生き切ることが条件なのです。
心が苦しい人は、まだ自分が出来ることをしていないサインなのです。自分の良心が納得していないサインでもあります。
逆に言えば、進化するための感知センサーが機能している証拠です。
今の消えいく環境に「執着」して「我良し」であれば、このセンサーも停止していきます。

だから今、心身が苦しい人も大丈夫です。進化のための痛みにすぎません。自分が出来ることを淡々と、良心に基づいてして行きましょう。



最近の私が感じているのは、そろそろ人類の次の進化のジャンプが来るということです。
人類には、今の科学でも謎の進化のジャンプが何回か起こって現在に至ります。いきなり変わることが、過去の世紀に何回も起こっているのです。辻つまが合わない空白が存在します。
次の進化は、どうも映画館から外に人類が出るようです。自分が汗をかきながら、泣きながら座って映画を見ていた座席から、立ち上がるのです。
だから今までの様に景色が主役ではなく、自分の心が主役に成る世紀が来るのです。


誰も悪くない 2009-09-06 10:53:33

私たちは生きていますが、霊でもあります。
肉体と霊体の両方を持つ状態です。これは時間限定のタイムサービスみたいな状態なのです。
スーパーなどで「今から1時間だけ半値で売ります!」の人生バージョンです。
では、何が御徳なのか?
魂の成長が容易に起こる期間なのです。
生きている間は、魂の進化を起こさせる事が可能な貴重な期間です。肉体の死後は、今回の人生の最後の心の状態が固定化された世界に行き、心の変化が非常に起こり難い世界と成ります。


大丈夫なのだ 2009-07-18 10:13:05

この世は先が見えず、不安だからこそ修行に成るのです。
出来レースを体験しても、何の成長も進化も発生しません。
どんな苦しみも、この世だけで終わる事です。
終わりの区切りが必ず有る事に神様の恩寵が在ります。
苦しい中でも明るく努力を継続する人は、魂の進化が起こる時代に突入しています。
これから進化する人と、退化する人に分かれて行くでしょう。


新しい進化と選別

新しい進化と選別 2008-11-21 18:56:32

地球の長い歴史の中での人類の寿命とは、歩くことが出来なく成り、歯が機能しなくなって食べ物の摂取が難しく成るに従って衰弱し、寿命が尽きました。 
太古は、歯の欠損が命取りに成っていたかも知れません。
ほんの100年前までの人類は、生活の基本が出来なくなると、遅かれ早かれ死んで行ったと言えます。大自然の中で生きる動物は今でも、「歩けない=死」を意味します。これは、神が決めた自然の摂理です。生物の長い進化の過程では、生命力の強い個体が生き残り、その遺伝子が継承されて進化して行きました。哺乳類の受精時には、何十万の精子の中から受精に至るのは、たった一匹です。 ここでも自然摂理により選別と淘汰が現代でも発動しているのです。
この一見厳しい自然摂理による、生物の進化発達が為されて来たのです。

現在では医療技術の発展の御蔭により、生活する体の基本機能の欠如で死に至る事はありません。逆に、意識不明であっても何十年でも生きる事が可能です。
つまり、自然摂理による人類の選別淘汰の法則が、昔とは変わってしまっている事を意味しています。 では、「人類の進化」の為の新しい選別淘汰の法則は無くなったのか?医療技術を進展させたのは、今の文明です。文明の発達も神の意思であり、大きな自然摂理の流れの一つです。
文明の発達と引き換えに、人類の肉体は進化から退化に方向転換を始めているとは言えます。
神は人類の肉体の退化と引き換えに文明を発達させました。

肉体が弱体化して行く中での人類の進化とは何か?
もう生物としての肉体面での熟成が終焉し、いよいよ初めて精神面での進化、精神面でより強い遺伝子を残して行こうとする人類史上初めての局面に、これから踏み込む時代が始まろうとしていると、私は感じます。
つまり、人類の進化の為の選別淘汰の鍵が、肉体選別から精神選別に大転換するのです。
はたして、神に依存し、他に頼る性根の精神を持つ人間は残れるのか? 訳の分からない呪文でも、効果の為には浅ましく唱える性根の人間はどうなるのか。
外在の存在への信仰組織団体の役割とは、自然消滅する個体の効率良い抽出の役割があります。
これは真に恐ろしい事です。

今までの時代は、肉体が主役で、霊体は隠れた脇役でした。
これが太陽電磁波により、強制的に肉体の弱体化が進み、霊体が表面に強く出て来るのです。
霊体=心が健全であれば、これが肉体に反映して、肉体も新しい局面に進むと感じます。
これからは、自分自身の心が全ての鍵です。
自分の良心を健全に育て、維持する事が大事なのです。
人類は、これからも自然淘汰を伴いながら進化します。
今までが、そうで有ったように・・・。
ただ、選別のキーが初めて変わるだけの事です。


先祖霊と内在神


遺伝子の連携の意味でも、常に繋がっているのが先祖霊です。そして、自分自身が嫌でも繋がっているのが「縁ある霊」です。
これらは「帰す・祓う・切断する」べきものではありません。切れば、むしろ自分の生命力に影響します。

先祖霊とは、感謝を捧げて安心させて、昇華させるべき存在です。除霊や祓うべきものでは無いのです。
しかし、自分の先祖供養さえも心配するような人間は、一切の霊的行為から離れるべきです。まだ人間として未熟であり、「自分だけが良くなりたい」という自我が強いからです。
自我は、悪魔を呼びますから、一切の霊的なものから離れたほうが無難です。

ただ、人間が変わるには、進化するには、霊的な遺伝子(先祖)の整備・浄化が無いと難しいです。自分の家系の霊線が太く成れば、運命などは勝手に改善します。
とにかく霊的に一番大事は、自分に関わる先祖と、右胸に住する内在神(根源的な存在)へ感謝をすることです。


自分の役に没入すること 2013-05-21 11:06:23

ただ言えますことは、この世の役なんて短い有限なことです。
しかし、この世の中で、自分の心(良心・内在神)をもし拡大(発露)させることが出来れば、それは死後にも影響継続することなのです。
私たちは、自分の心を大きくするために生まれて来ています。
今がどんなに苦しい境遇の中でも、自分の心に良心を意識することが可能です。
これが、自分の心の革命へと繋がるのです。

自分の遺伝子(縁ある先祖霊)へのケアをしながら、今の環境の中で良心(内在神)を意識することが、その人間を進化させます。


宇宙・太陽と放射線

親不孝に気付くこと 2013-03-15 09:27:01

今の地球の大問題は、地球を太陽フレアから守って来た磁気シールド(http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=27959626&expand)が破れていることです。ここ数年間で特に加速しています。
過去に発生した大きな太陽フレアから、大地震などが起こらないように守っていたのが地球の磁気シールドなのです。
要は、磁気シールドの減少により、地球全体が電子レンジに入れられた状態が始まっています。地球も内部深奥から加熱されますし、人体も磁気により内部から低温火傷によりガン化し、人類のガン病が増加しているような感じがします。
なぜ地球の磁気シールドが減少しているのかは、科学者は分からないようです。

私が感じるには、これは地球の人口増と関係すると出ます。
(中略)
つまり、地球の地磁気が減少して磁気シールドに大穴が開いているならば、そこに人間の意識の磁気を放射して、太陽フレアから地球と生命を守るしかないという漫画的なドラマを思います。
その方法は、地球に対して生命が「生かされていることに」人間が感謝をすることです。
これを人類が出来なければ、太陽フレアによる人類への強制進化が起こると感じます。

光栄なことではないでしょうか?地球と人類の新しい局面に立ち会えるとは、思いっ切り体験するのも一興です。
今の自分の生活の中で、生かされている感謝をすれば良いだけです。何も恐れることはありません。
すべては必ず変化をしていくのです。


進化のための刺激 2013-02-16 11:42:49

過去記事では何度も隕石落下による衝突と影響の懸念を書いて来ました。(http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%87%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E9%9A%95%E7%9F%B3&type=and&sort_flg=0&encode=utf-8
そして、昨日の記事でも小惑星「2012 DA14」の通過に合わせて、
「天体に関しましては、地球外ウイルスの影響に私は注目しています」(【立つ雲には注意 2013-02-15 10:47:33】)
と書きましたように、隕石などの天体と共に飛来する未知の宇宙ウイルスを懸念しています。
これから大小さまざまな隕石と、人工物の落下が起こる時節に入ったと思います。

地球の人工物では無くて、長い長い旅をして来る宇宙からの隕石につきましては、大いなる存在の意志を感じます。偶然などは一切なくて、創造の過程の「最中」としての欠かせない生命への大切な刺激を感じます。
生物や人類は、隕石が運んで来る遺伝子やウイルスの刺激が無ければ進化しないのかも知れません。太古の不可思議な大きく劇的に生物が進化するジャンプ現象が起こる原因に、隕石の関与が実在するのを感じます。

1908年にロシアのツングースカで発生した巨大な爆発も、隕石だとされています。
これ以降の人類は、過去の世紀には起こらなかったほどの急激な科学の進歩を始めています。何らかの刺激を全人類に与えたと感じます。
霊的には、1900年前後の期間とは、世界中でとにかく霊的な巨人が誕生しています。
今回の100年ぶりとも言えます巨大隕石の落下は、これからの地球を変える意味を持つことでしょう。

これを良い刺激として人類が受け取るには、戦争などを画策している人類では生けません。もしそうならば、悪い進化として隕石の刺激は人類に発動することでしょう。
そうではなくて、生かされている感謝を思う人類が多数であれば、明るい未来文明への刺激と成ることでしょう。



やはり日本は、近隣国からは恵まれた宝の島に見えて、狙われることでしょう。しかし、原発事故が逆に幸いして、これを防止することにも成る意味を感じます。
後は、この日本で安全に暮らせるように日本人が進化することが大切です。

これには、日本人特有の遺伝子に意外なカギが隠されている、太古からの意志を感じます。
ユダヤ人と日本人の遺伝子と、放射線の耐性を調べることで、全人類に効果する放射線へのワクチン?のようなものが製造出来ると脳内に啓示されます。
遺伝子治療の研究過程において、放射線との関係に着目する研究者が出れば、ノーベル賞が取れるでしょう。

ところで、年が開けて以来、新年からの太陽黒点数が凄く多いです。(http://swc.nict.go.jp/sunspot/
(中略)
これは、地球内部を電子レンジ効果で温度上昇させて、北極海の氷の融解を促進し、火山活動の活発化にも影響すると感じます。

人間には、偏頭痛と異常な眠気を起こさせることでしょう。
とにかく心臓への違和感と頭痛を感じる人が、黒点数と比例して増加すると感じますから、短い仮眠を挟むなどして自分の肉体への配慮をして欲しいです。
若い人でも、心筋梗塞による突然死に注意したほうが良いと思います。適度な運動は大事ですが、過度な運動や肉体疲労には注意が必要です。

黒点数による太陽電磁波の増加は、人類を進化させる有り難い刺激だと思って頑張りましょう。
怖がる人にはマイナスに作用し、黒点数にも放射線にも感謝する人には進化と耐性をもたらすと真剣に私は思っています。この仕組みについては、遺伝子の話と合わせて、時期が来れば話したいと思います。


進化しましょう 2012-04-02 10:51:51

太古の地球では、強烈な宇宙からの放射線の中で生物が進化した歴史が存在します。
これから人類は、さらに放射線への耐性を持てるか否かの進化を強制的に迫られるかも知れません。
このような「紙一重」ギリギリの状態でも、人類がいまだに生かされている事実が在ります。
今に生かされていることに、人類が感謝を始めることで新たな進化が起こると感じています。



今回の日本の原発事故が、上記の人類の進化の話に大きく関与することを私は言っておきます。
(中略)
善良なる感謝の思いを持つ人は、まったく恐れる必要は無いです。むしろ日本の明るい世紀を待っていれば良いです。
どんな汚染にも影響されずに、老人も若返り始めることに「生きながらに」成ります。
私の脳裏には、大いなる遺伝子の進化と、革命的な発明を持つ明るい日本が観えています。
このカギは、3本目の遺伝子を発動させる、感謝の先祖供養に在ります。これが強制で到来するとは、神意への畏れを感じています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「これが強制で到来する」という意味がわかりにくかったのですが、日本が「大いなる遺伝子の進化と発明を持つ」ためには、「3本目の遺伝子を発動させる、感謝の先祖供養」が必要不可欠であるということですか?

。。。放射能で強制的にされます。
2011-04-12 15:27:59


3本 遺伝子(DNA)


そして現時点では、遺伝子が「三重らせん構造」を形成すれば「安定する」可能性が高いことも、一部の学者で予想されています。これを遺伝子DNAのTriplex構造、またの名を三重鎖DNA構造と言います。
があります。
今の人類の遺伝子は「二重らせん構造」が主体ですが、これから「三重らせん構造」に移行して行くと感じます。
では「三重らせん構造」に遺伝子が進化すれば、人類はどうなるのでしょうか?

(1) 信じられないような免疫力を持ち、異常に寿命が延びると思います。
実は古史古伝や神話には、ある特定の人物の寿命が異常に長く、数千年間も生きたという矛盾が散見されることがあります。これは表記の間違いや、固有名称の引き継ぎとして片付けられていますが、間違いではない可能性を感じます。

私の感得では、初期人類の遺伝子は「12重らせん構造」だったのが、ある事情により(鬼門金神の北への幽閉・押し込め。特定エネルギー体の干渉が欠落して起こった)
二重らせん構造まで人類は「劣化した」と感じます。

(2) 従来の人類が有しなかった意識力・念動力を持ちます。
神話の「天の鳥船」(あまのとりふね)という円盤型の巨石の乗り物の存在や、人類が意識力を無くす直前の最後の時期に造られたピラミッドやモアイ像の形成の秘密が分かります。

現時点では、このような話は夢物語の笑い話なのですが、このような変化を最初に起こし始めるのは、日本に住む人類からだと感じています。
現在の日本は、福島原発の野ざらしという特殊な環境にも現実的に置かれています。非常に不思議な光景です。
また、複数のプレート地層が日本に集結するという、地球上で唯一無二の場所が日本列島です。プレートの裂け目から噴出する色んな磁場の中で生活する環境でもあります。
これらは人間の遺伝子へ、善悪両方の刺激をすることでしょう。

日本に起こることには一切のムダが無いという思いが私には有ります。
日本に住む老人も含めて、生きながら遺伝子の3本化が起こるのでないか?と夢想しています。
ただ、この場合、今の地球人口は多すぎるという矛盾も感じます。
だから人類は、ウイルスへの耐性を持てるか否かが重要なカギだと思います。

人間は半年も経過すれば、人体の細胞の大半が入れ替わるという速い新陳代謝を誰もが自然と行なっています。常に日々、誰もが別人に成って行っているのです。
だから、日々の生活習慣や「気持ち」の持ち方が最重要となり、明日の自分を形成させています。他人を呪っている場合ではありません。

私は、遺伝子を三重らせん構造にさせる刺激は、「感謝の気持ち」だと真剣に感じています。そして、自分自身(神)を信じることなのです。


自分を納得させる 2011-11-29 10:23:35

これからの人類の変化は、内在する神への「自覚」と、多くの先祖(人類)と共に生きている意識を持つことで、遺伝子の革命が起こり始めると感じます。
この世的には、ダメダメな人生でも、自分の良心に恥じない生き方ならば大丈夫です。
人類の主役が、肉体重視から、心の良心を重視する形態へと、大どんでん返しの種の変化が起こる足音が、私には聞こえ始めています。表と裏が一瞬で、でんぐり返る感じです。


進化の法則


古代宗教ゾロアスター教が示した、「コノ世は陰と陽の神の相克で進化する」という意味で、悪神の深知恵とは真に徹底していることを感じます。



5月11日は、出雲大社の「本殿遷座奉幣祭」が執り行われます。
やはり、新世紀への「始まり」の準備の「型」を意味します。
伊勢神宮の「陽・表」の役割りに対しまして、出雲大社は「陰・裏」の任務の意味があります。出雲は、冥界(めいかい・死後の世界)をも司ります。
これらの陰陽の2つが揃うことで、新陳代謝という進化が起こります。

冥を経て、陽へと至る明るい世界の法則が存在します。



地球には太古から進化の法則が貫徹しています。


不幸にムダや損は無い 2010-03-22 11:06:13

人間は、ムダや損な事を嫌がるものです。しかし、この世では注意していても「起こる」事とは、善悪を含めて偶然などは無いのです。つまり、ムダや損などは一切ありません。必ず未来を「改善させる為に」起こってくれる物事なのです。この様な初期設定が、進化の法則として神により現実界へ刻印されています。


切断されるな! 2009-06-25 11:07:31

日本の神道も、途中から祖霊信仰が神祭りから軽視され、別けられてしまいました。
これは、生命を繋ぎ循環させようとする産む神と、生命の「循環の輪」を分断させて魂を食べようとする魔物との攻防が、地球レベルで太古から有った影響からです。
この因縁の影響が、地球レベルで色々な文化の根底に反映されて来ました。
2つの大いなる存在の攻防は、地球における生物の進化には必要だった様です。


身近な事からが大切 2009-02-14 09:59:59

根源存在→宇宙→神霊→先祖霊→自分自身。
と言う生命としての進化の流れがあります。
正しく先祖供養が進めば、次は自動的に神霊と繋がり出します。
神霊との一体感が進めば、次は宇宙の森羅万象が自然と「分かり」出します。
もともと自分が保持している知恵を思い出します。
ノーベル賞学者達とは、知恵の断片を「思い出した」人です。


関連コメント

進化論を否定ということは、人の進化もあり得ないということになりはしませんでしょうか?

。。。。それが生命のジャンプ現象。
少なくとも釈尊の2500年前から今の人類に変化は無い。

でも太古に他の生命体が来て、過去にジャンプしたような進化は今から起こる。
これから天空の異変は起こる。
2017-01-30 14:31:40


人類は進化の過程を体内で再現凝縮再体験して生まれてきますが、胎児を見ていると恐竜に赤ちゃんに見えてきたいりします。
リーマンさんは氏神の姿を恐竜のようとか、人類発祥の地白山は恐竜の宝庫とか書かれてますし
人類の進化の過程で恐竜だった時があると言われていますか?

。。。。神話でもワニがそうです。
トヨタマヒメは、半身がワニだったなど。
ワニの宇宙人がいます。遺伝子を分けたのです。

豚も遺伝子は人類に近い。
地球には多くの動物がいますが、すべては人類を産むための遺伝子の操作の過程で発生した産物。
2016-02-14 14:48:45


どなたかへの回答で、2039年、日本の自殺者はゼロ。人類か変わるから、とありました。
2039年まであと24年です。あっと言う間です。
そんな短期間に、人類のどこが変化するのでしょうか。また、変化は徐々にですか?急変でしょうか。

。。。。病気も急変で、様子が変わるのと同じ。同じ人間なのに。
これと同じ。
2015-10-28 23:55:55


人は何の為に生まれてくるのでしょうか。

。。。。感謝の気を地球上で出すために生まれて来ます。
2014-12-30 13:49:01


ゴッドメンシュとは神の守護がある人のことですか?それとはまた違うのですか?

。。。違います。
自分の中から神を出した人のこと。

「読むだけで人生が変わるたった一つの方法―伊勢白山道Q&A事典」http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766711009/isehakusandou-22/ref=nosim携帯から、http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=4766711009&at=isehakusandou-22
今までの勘違いが分かります。
2014-11-24 14:18:20


昨日のどなたかの質問に対して、リーマン様が以下のように回答されていました。「もうすでに、ゴッドメンシュの誕生が始まっています。」このゴッドメンシュ(神人)の誕生は、以前多少示唆されていた、日本の東北地方からの方でしょうか、それとも世界各国で複数、そのようなケースが起きている、ということでしょうか?

。。。先ずは、赤子から始まり、
後に老人まで波及します。

まず、3割が変わります。
2014-10-25 16:34:46


ゴッドメッシュは、震災後に生まれた人だけですか?
年配者、変身してますか

。。。老人でも神縁のある人は、変わります。
若返るのです。
その縁は、自分の生活から創造されます。
2014-10-25 15:11:12


人間が進化する時には、これまでの輪廻転生で過去世を忘れて生まれ変わってきたように、進化前の記憶を失くすのでしょうか?

。。。思い出すでしょう。
2014-10-25 14:41:40


2049年はゴールであり、もう既に人類の変化はスタートしているのかぁ。……って、ゴッドメンシュってなんだっけ?(と思ってググル)神人かぁ。……え? やばい!! ウカウカしてたら取り残される!!……はれ? って、何をすればゴッドメンシュに成れるんだっけ?………………あちゃ~ダメだこりゃ。勉強しなおしだぁ。

。。。。なんだかんだ言っても、
ほんとに、
生活努力と、先祖への感謝を普段の中でしていけば大丈夫です。先祖への感謝磁気を貯めることが、物事を改善させる力となります。
家系の水子にも感謝をしましょう。応援されます。

他への慈悲が、自分自身を救うのが、最後の結末です。神は、それを見たいのです。
問題は無いです。
2014-10-25 14:00:25


単刀直入に質問させていただきます。遺伝子がくくり直されて、肉体が半霊になるのは、何年後くらいのことでしょうか?

。。。2049年の時点で、今の人類は変化しています。

もうすでに、ゴッドメンシュの誕生が始まっています。
2014-10-24 22:38:36


。。。内在神を活かすためには、
自分に与えられた環境で頑張ることが大事。
その中にも神は在ります。
コノ世に一切のムダはありません。

すべては昇華と進化のためです。
2014-05-18 19:40:02


過去記事に「伊勢神宮と出雲大社の型…これらの陰陽の2つが揃うことで新陳代謝という進化が起こります。」とありました。2013年10月11日からの新たな次元の節目により、人類にも進化がより起こりやすくなるということでしょうか?

。。。善悪含めて、次の段階に入ります。
2013-10-05 21:43:55


グリゴリーさんはご両親ともユダヤ人なんですね。

。。。ユダヤ人である意味は霊的に大きいです。
日本とは、陰陽の関係になります。真逆です。
日本は陽です。
両方がそろって、進化が起こります。
2013-08-30 13:56:48


人間が死んで磁気の固まりとなり未来や過去、異次元へ行くことができますか?

。。。コノ世で良心にそって生き切れば、可能です。
コノ世のすべてを、自分のための善意の修行にすることが必須条件です。
2013-08-25 19:49:57


生きている間は肉体には、なぜ自我と真我(内在神)が両方宿っているのでしょうか?

。。。成長するためです。
自分の顔を見るには、反射する鏡が必要です。

「読むだけで人生が変わるたった一つの方法―伊勢白山道Q&A事典」を出来れば何度も再読してください。今までの勘違いが冷めます。
2013-08-06 13:06:25


「太古の日本人は真我を達成していたからです」この質問で確認させて頂きたい事を思い出しました。
太古の真我達成とこれからの私達の真我達成が同じものなら、一度自我に落ちるその意味が分からなかったのです。
それでも太古の真我達成のレベルと現代のチャレンジは同じというものなのでしょうか?

。。。真我の質は、太古から不変で同じです。
しかし太古は、白山の周辺だけでの現象でした。
これを地球全体で真我の発露をさせるには、1度日本から引く必要がありました。
そして全体を引き上げる挑戦中です。

でも何度も途中で猿に滅ぼされて文明が終わっています。猿を解放することが出来ませんでした。
だから観世音菩薩の最後の挑戦中です。

真我とは、全体で1つです。一部が目覚めても、意味が無いのです。全体責任です。
だから日本の外交も、距離を持って自分が滅ぼされ無いようにしながらも、全体を引き上げる使命があります。
それが大神の悲願・彼岸です。非常に困難ですが。
自分だけが助かっても、それは虚しいだけなのです。
2013-08-04 21:44:50

ーーーーーーーーーーー

。。。少数ではなく、多数の真我実現が大事。悲願です。
2013-08-05 19:51:39


真我を達成していた白山王朝から弥勒の世へと進まなかったのはなぜですか?

。。。進化のためです。
そのためにはお宝を隠して、自我の中での修行軋轢が必要でした。
今でも死後は進化が無いです。神界も。
コノ世だけが進化が起こる特異点です。
2013-08-04 17:52:02


どなたかの質問にもありましたが私も何か変わったような気がします。

。。。先祖供養する人々に浄化と進化が起こっています。
遺伝子の視点では、当然に起こることです。
2013-07-18 22:36:20

ーーーーーーーーーーー
以前よりも今実感する人々が多いような気がします。なぜ「今」なのでしょうか?

。。。地球と太陽の磁気の影響です
2013-07-19 14:27:37


頭や顔は小さくなりますか?

。。。そうならなくても良いの。
今の顔にも感謝することが大事。進化する秘訣です。
2012-11-02 13:43:30


悪人の罪は、あの世で地獄の清算を経ればチャラになってしまうんでしょうか。

。。。自分が他者にしたことと、同じ体験をします。
逆に、された魂は、それを許すことで、昇華と進化をします。
2012-04-18 21:11:11



。。。試練は進化を起こします。
2012-04-12 21:52:18


記事中に「健康で感謝が出来る人は、もう知らずに進化が始まっています。これからは楽しみな世紀です。」とありますが、肉体が弱体化する人は感謝が足らない人におおいということでよろしいですか??

。。。一概に言えません。家系の昇華の任務の人も多いです。
2011-12-03 14:32:38


> イザナギが1000人の子供を産めば、イザナミがそれ以上の子供を殺すと宣言した
ここでのイザナギ・イザナミは、やはり神話において、ある構造を示す為の比ゆ的表現なのですか?

。。。これは比喩です。
陰陽2つの交わりにより、進化が生じます。
2009-10-15 17:53:06


>人を殺そうとするイザナミは、外在神の元神です。
>神々をも産み、人を育てようとするイザナギは、内在神の元神です。
ということは、両親神様とも 比ゆでなく そのような霊的実体であるということですね。

。。。その陰陽2神を祭ることで、根源神となります。
2009-10-15 20:17:37


20141123

  • 最終更新:2017-01-30 21:21:48

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード