亀クビ体操

■亀クビ体操について   キーワード 亀首運動 亀くび体操
目次

関連記事

亀クビ運動が効果します 2010-07-28 11:10:10

イスに腰掛けて、背筋をピンと伸ばして大きく胸を張ります。両手をぶらりと下げた状態で、ゆっくりと腹で息を吸い込みながら両肩を上方にあげて、首を亀の甲羅のように引っ込める感じにします。
そして、ゆっくりと腹から息を吐きながら、今度は両肩を下げつつ甲羅から首を斜め上方に出来るだけ突き上げて伸ばす感じにします。この時に、息を吐き切ります。まさに、大亀が首を引っ込めてから、大きく首を伸ばすイメージで数回ゆっくりと行います。
呼吸は逆のパターンも試みると良いです。腹で息を吸うときに、首を上に伸ばして肩を下げる、息を吐くときに肩を上げるのです。
共通するのは、息を吸うときには腹が膨らみ、息を吐くときは腹が凹む腹式呼吸をすることです。
これが最近のお気に入りの動作です。1時間に1度ぐらいのペースでしています。ゆっくりと深い腹式呼吸と、首の筋肉と神経を伸ばすイメージは、思う以上に効果しています。非常に思考がスッキリと持続し、眠気がしません。


図解

画像をクリックすると大きく表示されます
亀クビ体操 図解
亀クビ1.png亀クビ2.png亀クビ3.png


20140613

  • 最終更新:2015-02-23 23:59:06

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード