上がり症

■上がり症について
目次

関連記事


ピアニストや弦楽器などの素晴らしい音楽家の演奏を聞きますと、その演奏家の脳内には観客の存在がまったく消えており、楽器と一体化していることを感じることがあります。
逆に音楽だけを聞きまして、演奏者と楽器が一体化していると感じた音の演奏者を調べますと、名の知れた人物であることがあります。

また逆に演奏者が、観客に聴かせる意識、聞かせたい気持ち、観客を意識した音楽とは、私にはゲップが出るような重たさを感じさせることがあります。
ニューミュージックなどのショー音楽の場合は、観客を意識した演奏が良いのでしょうが、インストゥルメンタル(楽器音楽)の場合は違うと感じます。

だから、楽器演奏者で緊張する人や、上がり症の人は、まだまだ観客を意識している段階であり、楽器との融合にはほど遠い次元です。
霊的には、人物と楽器が一体化するとは視覚的にも起こることであり、脳内では人の姿が消えて楽器だけが大きく視える感じに成ります。
このレベルの演奏家に成りますと、達人と言えると思います。音楽を通じて悟れる人物です。

この話は、要は「上がり症」や「他人の悪口を気にする人」にも言える大事なエッセンスなのです。
他人を意識した楽器演奏が重たく感じるのと同様に、他人からの影響に悩む人たちは、「自分を生きていない」のです。
他人の視線のために生きている人ほど、自分という軸が無いために、他人の言葉や視線だけでも悪影響を受けてしまいます。これではダメなのです。運気が上がらないです。
自分自身を見ていない証拠でもあります。

他人の視線よりも、自分の心を大切にすることが重要です。
他人の言葉のために、知らずに自分の心(内在神)をイジメている人もいます。
そうではなくて、自分の心(良心・内在神)を安心させる生活が重要であり、これが自分自身を本当に改善して行きます。


関連コメント

私は大人からピアノを習っていて、人前の演奏になると異常に緊張して、指の震えが物凄く演奏になりません。あがり症なのかと言えば、人前で話したり歌ったりというのは、案外平気なのです。もうすぐ発表会。恥をかくのは慣れていますが、でも憂鬱です。この手の震えって治らないのでしょうか。

。。。自分に聴かせるように練習です。
あなたは他人に聞かせようとします。
2013-01-19 13:52:39


私は話すことに自信がないです。説明が出来ず仕事での人間関係も上手く行きません。昔は接客業をしてました。今、接客業をされているアルバイトの方をみると、皆さん滑舌がよく、凄いと思います。私のような自信がなく、滑舌が悪く、日本語の文法も下手で説明ベタ、あがり症、どもり、言葉の言い間違え、表現ベタ、喋ることに自信がありません。

。。。本を発声で読むなど訓練が大事。
2012-06-01 14:30:56


私は極度の上がり症なのです。先日、呼吸法が上がり症を副産物的にではあるが改善するという話を聞きました。

。。。腹式呼吸は良いですよ。
2010-06-14 17:29:41


私は、極度のあがり症です。話をしているときに、首が締まる様な感覚、頭の中を真っ白にさあせられている様な、一種の霊的な感覚があります。何とか解消する方法はないものでしょうか?

・・・感謝の3本供養をして、普段、自分を飾る気持ちを捨てることです。
アホになれ~~
2009-08-12 10:10:37


20140620

  • 最終更新:2016-04-10 19:51:10

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード