三本供養(全般)

■三本供養(全般)について
目次

関連記事

先祖供養の仕組み

先祖供養の仕組みの整理 2016-03-14 11:49:17

(読者)

ここ数日の読者さん達からの質問が相次いでいる
「寄り代に寄る霊の数や、線香が届く先」
等について読みながら、もしかしたら

(1)「(供養の場に)寄る」と、
(2)「(煙や思いが)届く」

という2つのことを、同じものとして混同されている読者さんも一部おられるための疑問ではないかと、ふと思いました。

。。。。これは非常に重要な指摘です。これには明確な違いがあります。

基本的に、供養は個体を特に意識せずに諸霊全体に対してするものということで、「寄る」「届く」ということさえ、実の所そんなに気に留めなくても良いことは、ふまえた上で、質問いたします。
私自身は、「(供養の場に)寄る」と「(煙や思いが)届く」は、厳密には違う様相で解釈しておりました。

(1)の「寄る」は、霊体から供養の場に行きその場に一時的に滞在して煙による安心を「直に」得るイメージ。ここでいう供養の場とは、寄り代と線香が焚かれている1メートル以内ぐらいの現実界でも物理的に限定された、供養台近辺のことです。

。。。。そうです。霊界には行けていない、縁ある先祖と縁者の霊が、ヨリシロ霊位の在る場所に寄ります。コノ世とアノ世の中間層、幽界に滞在している霊であり、供養者本人に「縁ある」霊たちです。
線香を立てた瞬間に寄っていると思っても良いです。

供養する人が外国にいまして、日本で縁があった霊達も瞬時に寄れます。霊には、距離はまったく関係ないのが霊の世界です。次元が変われば、そうなります。

もう一方の(2)、「(線香の煙や供養者の思いが)届く」は、供養の場を発信元として、そこからあらゆる次元も含めた周辺(物理的な距離ではなく霊的な縁という距離のようなもの)に存在する諸霊のもとへ、文字通り届いていく感じです。

。。。。そうです。安心した先祖たちや縁ある霊は普段は霊界におられます。
だから、コノ世からアノ世へ向けて供養が届きます。こちら側から供養を届ける感じです。
安心した霊界の縁ある霊たちが、コノ世側にわざわざ来るのは、お彼岸や命日などの記念日だけだという認識で良いです。

・「寄る」は、あちらから、こちら側にやって来る(寄り代 ← 霊体)
・「届く」は、こちらから、あちら側に出すこと (供養者 → 諸霊)

。。。。まさに、これなのです。

このように捉えておりました。
なので、寄り代や線香に「寄る霊体」が1体ずつであっても、煙はその寄っている霊にはもちろんのこと、その場には寄っていないアノ世の諸霊も同時に受け取っているものと思っておりました。

線香の煙の粒子は次元を越えるという点、また、霊的世界は現実界の物理現象と違い、あちこちで同時に煙や思いが伝わる世界という点などから、供養の場で発せられている煙とは、人間の目に見える量以上に、大勢の霊的存在が供養を受け取ることができる・・・つまり、供養の場という限定されたところに1体ずつしか一時的に「順番にしか」寄れないからと言って、線香の煙を他の霊が受け取れないということにはならないと考えます。

。。。。この通りです。

「寄る」霊体と、寄らないものの縁あり煙が届く霊の違いは、その霊がいる次元の段階の違いである…そこそこの年数の供養を受けたご先祖様ともなれば、寄り代に寄らないが、煙や子孫の思いを受け取ることができるところにおられる・・・。

。。。。そうです。離れたアノ世の霊界から、安心した先祖たちは常に私達を見ています。
まるで私達が常にテレビを見ている感じに近いです。
ある意味で、最高の楽しみとして縁者の子孫のドラマ・映画を見ている感じが近いです。

特に子孫の不倫などは、アノ世の先祖たちは非常にハラハラ・ドキドキして見ています。相手の異性の先祖たちも、霊界の違う場所からやって来て、合同会議をして、子孫たちの不倫の結末を相談・決定する場合もあります。

会議が不調に終われば、成仏を破って、下の次元に降りる苦痛を体験してでも、コノ世の子孫を怒りに来る先祖の魂もあります。これをした先祖は、次に霊界に戻れないこともあります。
これを繰り返せば、その家族・家系の霊線が詰まり、子孫たちの没落・離散がコノ世で始まります。

よい例え方になっていないかもしれませんが、供養台の前の座布団には一人しか座ることが出来ませんが、そこで焚かれている煙の香りは、座している本人のみならず、家中の者にまで感じることができるのと同じ感じです。

・「寄る」霊体が誰であるかは、実際は、供養者側では特定できない。
・「届く」諸霊は、無限。こちらが思いを馳せればそこにも届く。

極端な例だと、
供養者が特定の故人を思い3本目を捧げていても、寄り代のその場所に来ているのは、案外、順番を待っていた別の故人が優先ということも。かといって、その時に供養者が想った故人に煙が届かないかというと、そういうわけではなく、特定の故人がいる場所が違うだけであり、煙に乗せた思いはその故人にも「届く」。

このような解釈で長年おりましたが、 違っていたでしょうか??
細々としたことで申し訳ないですが、よろしくお願いいたします。

。。。。まさに、このままで正解です。
言えますことは、コノ世の供養者とは、本人は気付けませんがアノ世の縁ある霊達には、信じられないほどの奇跡で貴重な存在なのです。
悪い例ですが、アノ世の生活レベルを上げてくれる高額宝くじ、無尽蔵な銀行、のような存在に供養者は成ってます。

コノ世に生きていますと、屁理屈や自分のことばかり優先であり、もう関係の無い、供養しても届くかどうかも分からないことをワザワザしてくれる供養者とは、まさに貴重な観音様に成っているのです。
供養者が死にますと、自分がした正しい供養の大きさに驚きます。その恩恵を、供養した本人も後から受け取ることに成ります。


全般


通じる理想の供養方法は、
(1)供養する人間が名乗る今の苗字+「霊位」の文字のある寄り代(短冊や位牌のこと)を用意して、これが安定し固定した置き方で行うことが大切です。
短冊を使用する場合は、挟んで安定させる道具が必須です。(参考http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=B008VO5TBC&at=isehakusandou-22

(2)意味不明な呪文やお経ではなく、自分の脳が理解する「先祖への感謝の言葉」が、脳波として先祖に通じます。
感謝の内容であれば、どんな言い方でも問題は無いです。

(3)出来れば、線香3本(3世界・3種の次元・すべてを意味します)を三角形に立てることで、物理的な供物を捧げて癒すことに成ります。(http://www.geocities.jp/poriporry/worship.htm



今の肉体の次元では、カタチと行為とはやはり大切なのです。
他人から何かをプレゼントされれば、黙ったままで心中で感謝しているよりも、現実に「ありがとう」と発声したほうが良いのと同じです。
過去記事のサユリ先生の例も、赤子が成長できる環境を脳内で現実に提供するという「結び付け」を行うことで作用しました。これが理・コトワリを「踏む」という行為となります。
神社での御祓いなどの神事も、すべて見えない存在への御コトワリなのです。

私たちは先祖供養する時に、自分が知る故人ばかりを供養するものです。しかし、これではあまり意味が無いのです。
自分が実際に知る故人は、アノ世ではまだ新入生なのです。その新入生の故人をアノ世で世話する先祖への配慮が大切です。
だから最初に先祖全体への感謝の供養(線香では1・2本目)を行い、その後で特定の個人への感謝(3本目)をする流れが良いです。
供養が出来ない人は、脳内で最初に先祖全体へ感謝をして、その後に自分が知る故人へ感謝をするのが良いです。
これもコトワリ・理なのです。


あなたたちを忘れない 2011-02-13 11:30:13

迷う霊は、縁ある子孫を見ながら孤独な状態で居ます。
先祖供養とは、自分には見えなくて分からないが、過去にいた人々を「忘れません」という愛情表現なのです。
見える物しか信じない人は、今までに自分が受けて過ぎ去った「見えなくなった恩」も忘れがちに成るものです。
感謝の先祖供養が無理なく継続する人は、思いやりが深まり、他への愛情が深まります。
この「思いやり」と「愛情力」の磁気が、本人に幸運を勝手にもたらすのです。


貧乏神は先祖の姿 2009-10-10 10:57:23

彼のニュースを聞いた時に一番感じた事は、家系の因縁の転写の凄まじさでした。
死亡年齢が父親とは1歳違いでしたが、霊的には同じ歳で亡くなった感じです。家系の霊線のDNA遺伝子は、時限爆弾の様に正確に現実界に起動します。この霊線の詰まりの原因は、北海道の開拓時代において、先祖が起こした土地をめぐる争いに原因があります。
もし、「子孫だけの手による」感謝の先祖供養をされていれば、家系の霊線の浄化により死期が変わっていました。特殊な組織を通じての先祖供養は、まったく違う所にエナジーが流れて吸い取られる為に、先祖霊に届かない真相が在ります。
子孫は嫌でも切る事が出来ない繋がりが、先祖霊との間に在ります。子孫が純粋に捧げる行為は、必ず先祖霊に通じています。今、私たちが生きているのは、先祖が実在した証拠です。この揺ぎ無い証拠を信じて、自分色で供養をすれば必ず通じます。自分と先祖との関係の間に、不安だからと言って他人の先生や教団を挟んでは絶対に生けません。ただの無駄な障害物に過ぎないのです。


何事も全体が大切 2009-01-23 11:17:34

仏壇や短冊供養する場に、故人の写真は置かない方が良いです。先祖霊全体への供養に専念する事が、その愛する故人の為の供養と成るからです。写真などの個人を特定する物は、その故人の為には霊界では良くありません。



人類発生以来、血が切れなかった悠久の時間を耐えて来たのです。 その御蔭で肉体を持つ場を提供されたのですから。 同じ家系で修行された先輩の先祖への感謝が無ければ、それは自己否定の因が生じます。
運勢は弱くなるのです。
人は、この世に生まれ出たからには、生涯 先祖への感謝 供養 を忘れては生けません。これを成して初めて、人生のスタートラインに立てます。 
まだ、スタートラインにすら立たず、木の葉のように揺れる人が多いですね。


関連コメント

先祖供養の仕組み

ここ数日の読者さん達からの質問が相次いでいる「寄り代に依る霊の数や、線香が届く先」等について読みながら、もしかしたら「(供養の場に)寄る」と「(煙や思いが)届く」ということを、同じものとして混同されている読者さんも一部おられるための疑問ではないかと、ふと思いました。

.........非常に重要な指摘です。

これは区別があります。

基本的に、供養は個体を特に意識せずに諸霊全体に対してするものということで、「寄る」「届く」ということさえ、実の所そんなに気に留めなくても良いことは、ふまえた上で、質問いたします。

私自身は、「(供養の場に)寄る」と「(煙や思いが)届く」は、厳密には違う様相で解釈しておりました。

。。。。そうです。

「寄る」は、霊体から供養の場に行きその場に一時的に滞在して煙による安心を「直に」得るイメージ。ここでいう供養の場とは、寄り代と線香が焚かれている1メートル以内ぐらいの現実界でも物理的に限定された、供養台近辺のことです。

。。。。。はい、霊界に行けないから来ます。寄ります。

一方、「(線香の煙や供養者の思いが)届く」は、供養の場を発信元として、そこからあらゆる次元も含めた周辺(物理的な距離ではなく霊的な縁という距離のようなもの)に存在する諸霊のもとへ、文字通り届いていく感じです。

。。。。そうです。安心した先祖は霊界にいます。
これは供養が向こうに届きます。

・「寄る」は、あちらからこちらにやってくる(寄り代 ← 霊体)
・「届く」は、こちらからあちらに出すこと (供養者 → 諸霊)

。。。。まさに、これです。

このように捉えておりました。

なので、寄り代や線香に「寄る霊体」が1体ずつであっても、煙はその寄っている霊にはもちろんのこと、その場には寄っていない諸霊も同時に受け取っているものと思っておりました。線香の煙の粒子は次元を越えるという点、また、霊的世界は現実界の物理現象と違い、あちこちで同時に煙や思いが伝わる世界という点などから、供養の場で発せられている煙とは、人間の目に見える量以上に、大勢の霊的存在にがけ取ることができる・・・つまり、供養の場という限定されたところに1体しか一時的に寄れないからと言って、線香の煙を他の霊が受け取れないということにはならないと。

「寄る」霊体と、寄らないものの縁あり煙が届く霊の違いは、その霊がいる次元の段階の違いである…そこそこの年数の供養を受けたご先祖様ともなれば、寄り代に依らないが、煙や子孫の思いを受け取ることができるところにおられる・・・。

よい例え方になっていないかもしれませんが、供養台の前の座布団には一人しか座ることが出来ませんが、そこで焚かれている煙の香りは、座している本人のみならず、家中の者にまで感じることができるのと同じ感じです。

・「寄る」霊体が誰であるかは、実際は、供養者側では特定できない。
・「届く」諸霊は、無限。こちらが思いを馳せればそこにも届く。

極端な例だと、
供養者が特定の故人を思い3本目を捧げていても、寄り代のその場所に来ているのは、案外、順番を待っていた別の故人ということも。かといって、その時に供養者が想った故人に煙が届かないかというと、そういうわけではなく、特定の故人がいる場所が違うだけであり、煙に乗せた思いはその故人にも「届く」。

このような解釈で長年おりましたが、 違っていたでしょうか??

細々としたことで申し訳ないですが、よろしくお願いいたします。

。。。。。まさに、このままで正解です。

ウィキペディアの人は、このまま解説として載せてね。

誤解を招かない意味で、私の発言として整理して載せて頂くと有り難いです。
2016-03-13 14:28:42


全般

「。。。。その場所の霊に、寂しく亡くなった霊が居た。その影響で、そうしていた。と言えます。」と、お答え頂きまして有り難うございます。「やはりそうだったのか。。。。」と、深く心に受け止めています。
今回の霊の皆々様方にも『三本目のお線香』でのご供養は届いていますでしょうか。心安らかになって,成仏して頂きたいです。それから水子の霊の皆々様方にも『三本目のお線香』でのご供養が届いていますでしょうか。初めて主人の実家のお墓で小さな墓標を見て以来、ずっと気になっていました。

。。。。問題はないです。

生活努力と、先祖への感謝を普段の中でしていけば大丈夫です。先祖への感謝磁気を貯めることが、物事を改善させる力となります。

寄り代は挟んで固定し30~50cmの安定した台でしていれば問題は無いです。高価な木曽ヒノキ。 http://amzn.to/2bzWrg0 (安価な方の同じ台でも良いです)

昇華してます。

伊勢白山道 問答集 第1巻【感謝の先祖供養編】 http://amzn.to/2bzu95u

この供養は、アノ世に宅急便や、救急車を直ぐに送るほどの作用を霊界ではします。

まるで、スイスのハドロン衝突型加速器のようなものが、ヨリシロ霊位と線香3本。
霊界を動かします。

空海さんの密教も3本供養。空海も3の秘密を知っています。
2017-08-27 14:06:36


10年前の5月の2ヶ月まえの3月のある日夢で、丘の上に一基の墓が立ってあり、○○家の墓か○○家先祖代々の墓だったか書いてありました。目が覚めてどういう事~まだあるの~どこにいるの~って思った瞬間、五月になれば解ると身体に響いてきました。毎日気にしながらやっと5月になり、伊勢白山道の短冊による先祖代々の霊位を知ったとき、あの丘の上の墓の清々しさと同じ様に思いました。と言う事は、ご先祖様たちは5月から伊勢白山道が始まる事を私達よりも先にご存知だったと言うことなんですか。やはり導かれたのでしょうか。

。。。。言えることです。

ヨリシロ霊位をコノ世で設けますと、
アノ世では、先祖の立派な墓、または家が出現しています。
2017-05-10 19:24:13


リーマンさんは2500年ぶりに転生してこられたと以前伺いましたが、ではこのリーマン式ご供養がなかった2007年以前の人類の様々な先祖供養というのは、あまり有効に効いていなかったんでしょうか?

。。。宇宙原理の3の法則に叶った供養はなかったです。
これは国常立太神の啓示で始まったことです。
2014-12-26 20:31:39


20141010

  • 最終更新:2017-08-30 11:45:45

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード