三本供養(供養が必要な期間・継続)

■三本供養(供養が必要な期間・継続)について
目次

関連コメント

供養が必要な期間

死者は、死後何年経っていても思い出してもらってこの世で肉体を持った子孫と一緒に生きたいのでしょうか?

。。。この世への執着が残る間は、個性が残り、供養が必要です。
2010-12-30 20:54:39


供養の継続

供養が継続する人は、善徳貯金がある人と拝見しました。善徳貯金が無い人は、なぜ継続できないのですか?
善徳貯金のある、無いが、御先祖様への優しさが持てる、持てないに直結するのですか?
善徳貯金は無いけど、御先祖様を思える人はいるような気がしまして。
私は供養が継続できますが、私に善徳貯金があるとは懐疑的です。

。。。。今生の努力幅が最大の影響をします。だから、あなたは問題はないです。
2018-06-06 11:38:44


時に「なんだか今日は面倒だな」「こんな簡単な形でホントに先祖供養になってるのか?」
なんて、実際には自分の目で視えないから、どうしても思ってしまう。
毎日するぐらい、別に損する訳でもないから続けてます。
いくらなんでも、この偽善供養は問題ありでしょう?その自分の偽善ぶりの供養の形を、これからも続けていいのか苦悩しています。

。。。問題は無いです。

継続が、真実です。

「だいじょうぶ!「幸せの神様」が微笑んでいる」本、「読むだけで人生が変わるたった一つの方法―伊勢白山道Q&A事典」を出来れば何回も再読してください。
2012-05-14 17:58:02


20141005

  • 最終更新:2018-06-08 15:17:01

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード