ミミズ

■ミミズについて  関連キーワード みみず 蚯蚓
関連項目 動物
目次

関連記事


今年の神宮参拝で思い出しますことは、早朝の伊勢神宮で大ミミズがよく参道に居たので何度も手で救ったことでした。
踏まれないようにと思いながら、木の根元に置いたものです。
今年は例年以上に特に多かったと思います。地磁気が高いのかも知れません(地震に注意)。大ミミズには地中の居心地が悪いために、避けようとして参道に這い出てしまう感じです。

でも大ミミズを触りますと、参道の途中でも先ずトイレまで戻り、丁寧に丹念に洗剤で手を何度も洗います。その後もトイレに行くたびに、最初に手を丁寧に洗浄してから用を足します。
子供の頃にミミズに小便を掛けて、性器が腫れた経験を持つ人はいると思います。
小便のアンモニアと、ミミズが出す粘液が反応して、有毒ガス?が立ち昇るからだと私は感じます。
そのガスに性器が触れますと、本当に腫れてしまうのです。

だから、無理にミミズを助けてはダメです。日本昔話でも、欲をかいて無理に良いことを真似た人にバチが当たる話があります。
また、ミミズを直に触りたく無いからと、木の枝でミミズを救おうとしてはダメです。ミミズが傷付きます。
そういう場合は、ミミズさんが踏まれないように思いながら、そのミミズの天命にお任せします。
すでに踏まれているミミズは、そのままでも仕方がないと思います。個人の自己判断で良いです。

今も思い出しますことは、大学生の頃に大ミミズを助けたことでした。
「リーマン 夜話   内宮 編」

大ミミズを助けた夜に大きな黒龍が夢に出て来たのですが、それから人生が更に変わって行きました。とにかく物にも人にも恵まれました。
黒色の龍は、神宮の神様の護衛の戦闘龍でもあり、コノ世の金運(夜の世界)にも関与する龍神です。内宮正殿前の石階段の脇に立つ巨木に住んでいるのでしょう。

私は純粋に「情け心」から大ミミズを助けたのですが、救っていたのは「実は自分自身だった」というのが霊的世界の真相では言えます。


資格が無いのです 2009-03-18 10:50:11

昭和時代の奈良県の天理市近郊に不思議な老女が居たそうです。 近場の大峰山系で修行する祈祷師達が自分に付く憑き物を落とせなかった場合、最後に泣きつく人でした。
一般の人々の世情の悩み相談には応じず、金銭では無くて食べ物と交換に、専業先生達の霊的垢を落としていました。
私が接触した教祖さん達の中にも、老女に面会した経験を持つ人が2名いました。 その老女曰く、日本のお土の上で神仏を利用して大金を得た人間が死ぬと、地獄に行く前に必ず老女の庭の土中に、ミミズの容姿で21日間を過ごしてから旅立つ決まりに成っていると言っていました。
そのミミズは、言えば誰にでも見せて呉れました。
庭にひいてある御座を2枚どけると、大小色々なミミズがうごめいていたとの事です。
不思議な事にミミズの種類に統一性がなく、長さ・太さ・色もバラバラな種類が一緒くたに居り、大きいものでは30cm級の蛇の様なミミズも居ました。


父親とミミズの思い出 2007-07-27 19:28:00

読者の方より :
漢方ではミミズを乾燥させたものを地竜(龍)と呼びますが、地上に這い出て動くミミズを目撃し、その数日後に地震が起こったという記憶をお持ちの方はいませんか?

これは面白いですね。この現実界では、地龍がミミズとして現れて存在している霊的側面がありますね。
霊眼では、数百メートルの大きさに観える地龍が、現実界では10cmかも知れません。次元が違えば、距離や大きさはアテになりません。伊勢の伊雑宮の参道は、ほんの20m程ですが、夢の中で霊身でお参りすると、1kmは有る気がします。

ミミズは、確かに霊的な生き物です。
私が幼稚園児のころ、外で遊んでいる時に小便をしたくなったので、側道の溝にしようとしました。ちょうどそこにミミズを見つけたので、遊び心で上から小便をミミズに掛けました。暫くすると、オチンチンが痛み出しました。見てみると、先が赤く腫れあがっていました。急いで帰宅すると、今は亡き父親がいたので見せました。
父親は、見るとすぐに ”ミミズに小便を掛けたか?” と私に聞きました。そうだと認めると、直ぐにミミズに謝って来なさいと言われました。急いで、側道の溝へ行きましたがミミズは居ませんでした。だが、私は手を合わせて、ミミズさん、御免なさいとしました。そうすると、しばらくして腫れが引き、元に戻りました。


リーマン 夜話 内宮 編 2007-05-27 10:05:25

参拝を終え石階段を下りると、中央付近に居る先ほどの大ミミズが目に入りました。
・・・・やはり、助けたいけど触れないと思い通り過ぎた時、二人連れのしゃべりながら石階段を 上る御婦人と擦れ違いました。 その方が履く赤いヒールが目に入った時、自分が踏まれるような 気がして、咄嗟に階段を駆け上がり大ミミズを両手で救い上げて傍にある大木の根もとに 放しました。
その様子を見てた方々は、怪しむ目で私を見ているので、そそくさとその場を 立ち去りました。

さて、その夜は、運転に疲れたので早めに寝ました。
すると、夢の中に、 大きな大きな黒い龍が出てきました。 
ただ、私を優しい目で暫らく じっと見つめた後、静かに無言のまま消えて行きました。 

さてさて、今 振り返ると何か試されたような無いような・・・
自分が出来ることは、しておいた方が後悔が無いなと思いました。


関連コメント

昨日の記事でみみずを木の枝で移動させてはいけないことを教えくださりありがとうございました。傷つけているとは気付きませんでした。子供の頃より触れない虫、みみずは枝や枯葉などで移動させていました。息子もそうしています。
質問は、みみずだけでなく道路を横断するイモムシなども移動させるならば素手以外は不干渉が良いのでしょうか。

。。。。葉っぱのような薄いものは良いです。
ナメクジなどは怖い菌があるから注意。ミミズも。
2016-12-03 15:02:28


資格が無いのです 2009-03-18 10:50:11】のこれは今でも見られるのでしょうか?

。。。今は、ミミズの場所は無いです。
老女の霊力で、コノ世に示現するのです。
2013-10-02 18:17:39


リーマンさんの大ミミズはどのぐらいの大きさ(長さ)ですか??

。。。。ヘビの大きさですね。
普通は20~30cmぐらいでしょう。
2012-08-31 14:26:54


今玄関の玄関を出たら、目の前にいたミミズを知らずに踏んでしまいました。死んでしまうかもしれません。

。。。わざとでは無いから、問題無いです。
2012-03-06 13:56:31


4日前から左目が痛く、昨日、今日違う眼科に行きました。ものもらい(関西めばちこ)にしては痛すぎて昨日今日と寝込みましたが良くなりません。痛み止めをもらいやっとこうしてメールを打っています。原因不明でした。診察で生ものを取ったか聞かれましたが食べていません。ただ朝通る山道で梅雨のためかコウガイビルとミミズが道真ん中にいるので、横に避けてあげます。コウガイビルがミミズを食べているところにでくわし、ミミズがもがいていたので、思わず二人を別れ別れにしました。(もちろん棒で)「ミミズに小便をかけるとチンチンが腫れる」という言葉もあり、寝ている時間も長いからか、こういったことも関係あるのだろうかと、思いましたので、質問致します。

。。。ミミズの出す気に当たりました。目を目薬で洗浄するしかないですね。
2010-06-29 23:51:23


確か以前リーマンさんが、ミミズは神の使いだと仰ってたので子供には「ミミズさんは土の神様だからなるべく踏まないであげてね」と言ってあったのですが。。。今日子供が嬉しそ~に「家のカエルにミミズを食べさせてあげたの。もっとあげたいから探してくるっ!」なんて言ってたので、ちょっとギョッとしました。
けれども考えてみれば、釣りの餌にミミズを使ったりする訳ですし、カエルがミミズを食べる分には食物連鎖と言う事で問題無いと考えて大丈夫なのでしょうか?

。。イジメではなければ良いです。
カエルを殺せば、ミミズが報われません。
だから殺人は生けません。地球を殺すことになります。
2010-03-24 15:22:44


畑仕事でいちいちミミズや幼虫を気にしていたら、発掘調査みたいになってしまうので、表面に出たらなるべく鍬に当たらないようにしますが、基本ザックリと大胆に耕してます。
大丈夫ですよね?
超あほらしい質問ですみません
私の内在神は、なるべく気をつけて当たったら謝るで無問題と言ってる、かな
でも、過去記事には死後暫くミミズになる霊能者の話もありましたし~(恥)

。。。感謝しながら、作業すれば大丈夫です。
2009-09-23 12:33:41


ムカデを見たのは、何か意味がありますか?

・・・神社で見る生き物は大事です。
ムカデも、霊的な生き物です。
中には金運を司ると言う人もいます。
私は、嫌いですが。
私は内宮で大ミミズを助けた記事も書きましたね。
結びつける意味は有りません。
何を見ても、起こっても、心配しないように成らなければ、いけません。
これには、感謝の先祖供養と、カンナガラを目指す必要があります。
2008-04-06 14:54:19


20140809

  • 最終更新:2016-12-07 00:55:56

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード