ホツマツタヱ

■ホツマツタヱについて
キーワード ホツマツタへ、ホツマツタエ、秀真伝、神代文字、カタカムナ
目次

関連コメント

ある対談記事で、神道画家の鳥居禮(とりい・れい)氏が出ておりました。
氏は、古事記・日本書紀以前の伝承を今に伝える「ホツマツタエ」にある日本の心の原点を絵筆に託し、日本画に独自の世界を切り開いてきました。
ホツマツタエは、若者中心に急速に広まってきていると言います。信憑性は如何なものでしょうか。

。。。歴史的に新しいと感じます。
江戸期には、神代文字のマニアの流行りがありました。
2013-07-21 14:26:45


リーマンさん、カ○◇△ナとは何なのですか。(○がタ、◇がカ、△がム)気にする時点でダメですか。すみませんが、よろしくお願いします

。。。古代文字とされますが、重要では無いです。
江戸時代の創作が多いです。
2011-11-26 21:48:22


どうしても知りたいことが有ります。
「ホツマツタエ」と云う古事記、日本書紀の原書として2600年前から編纂されているという偽書扱いをされている文献がありますが、それを研究している方の翻訳を読むと実にリアリティーを感じます。
貴方の文言に合う(本日のウカノミタマも)ところも多くみられます。
ただ、トヨウケ、イザナキ、イザナミ、アマテル、ソサノオ等の神様方が実在する人物として物語が進行しておりますが、、、、、
中国文字が伝来する前は日本には文字がない、とされておおりますが、本物であって欲しい。という希望があります。
わたしにはわからないので教えて下さい。
「ホツマツタエ」は本物なのでしょうか?

。。。40%は、真実があります。
全部を信じては駄目です。
2008-10-26 18:10:35


20140624

  • 最終更新:2014-06-24 21:39:44

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード