ペディアマニュアル(掲載可能URL:関連記事)

掲載可能URLの関連記事について
目次

基本

 (中略)などを用いて、外部のURLを避けて引用します。
 (中略)を用いて外部URLが避けられず、文章中にURLが記載される場合は、
 ペディアのルールでは(中略)とすべきところですが、
 本件に関しては、例外的に(中略)を省略して記載します。

商品名を残す必要がある場合

 内容により省略が難しい場合は、URLは削除し、商品名のみ残してください。


修正前

「生は“私が存在して”初めて真実となる 」 2013-12-05 11:02:52

上記の題名、「生は“私が存在して”初めて真実となる 」 http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=4892032336&at=isehakusandou-22
これは、ロシアの神秘家ゲオルギー・イヴァノヴィッチ・グルジェフが自分で書いた数少ない自著3冊の内の1冊の題名です。
まさに、釈尊の「天上天下唯我独尊」(てんじょうてんげゆいがどくそん:【解説-No.6 人間が死後に思う10の内容 2013-12-04 10:43:32】)
と同じ意味を指しています。


修正後

「生は“私が存在して”初めて真実となる 」 2013-12-05 11:02:52

上記の題名、「生は“私が存在して”初めて真実となる 」。
これは、ロシアの神秘家ゲオルギー・イヴァノヴィッチ・グルジェフが自分で書いた数少ない自著3冊の内の1冊の題名です。
まさに、釈尊の「天上天下唯我独尊」(てんじょうてんげゆいがどくそん:【解説-No.6 人間が死後に思う10の内容 2013-12-04 10:43:32】)
と同じ意味を指しています。

文言+不掲載URLが括弧付きで記載されている場合

 文言+不掲載URLを削除します。


修正前

変われるとは、凄い革命です 2013-03-20 09:39:08

通じる理想の供養方法は、
(1)供養する人間が名乗る今の苗字+「霊位」の文字のある寄り代(短冊や位牌のこと)を用意して、これが安定し固定した置き方で行うことが大切です。
短冊を使用する場合は、挟んで安定させる道具が必須です。(参考 http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=B008VO5TBC&at=isehakusandou-22


修正後

変われるとは、凄い革命です 2013-03-20 09:39:08

通じる理想の供養方法は、
(1)供養する人間が名乗る今の苗字+「霊位」の文字のある寄り代(短冊や位牌のこと)を用意して、これが安定し固定した置き方で行うことが大切です。
短冊を使用する場合は、挟んで安定させる道具が必須です。

文章中に不掲載URLが記載されている場合

修正前

何とか成ります 2011-08-10 09:54:13

今の地球の大問題は、地球を太陽フレアから守って来た磁気シールド http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=27959626&expand が破れていることです。ここ数年間で特に加速しています。


修正後

何とか成ります 2011-08-10 09:54:13

今の地球の大問題は、地球を太陽フレアから守って来た磁気シールドが破れていることです。ここ数年間で特に加速しています。

伊勢白ペディア投稿写真の場合

伊勢白ペディア投稿写真は以下のうち、どちらかの方法を用いて掲載します。
  • (中略)を用いて該当箇所を避けます。
  • 該当URL、該当URLに関する内容を避けます。


以下に伊勢白ペディア投稿写真のURLを記載します。
 ■伊勢白ペディア投稿写真
  • 参拝写真・風景写真関連 → http://isehakupedia.hatenadiary.jp/
  • 奇異写真他       → http://isehakupedia2.hatenadiary.jp/
  • 青い光点・ハレーション → http://isehakupedia3.hatenadiary.jp/


修正前

伊勢の神気 2017-06-28 11:23:04

読者が、6/23〜6/25の間、ご家族と伊勢神宮・伊雑宮を参拝されました。
ちょうど6月24日は、伊雑宮の大祭・御田植祭(おたうえまつり)が開催され、近海の沿岸には夫婦のツガイの大サメも参拝に来るという伝説のある日です。

大昔に皇女・倭姫命(ヤマトヒメ)が伊雑宮の在る地に初めて来られた時に、七匹の巨大サメが何故か海から野川を遡上して来て、伊雑宮に一番近い川の瀬でバシャバシャとして、伊雑宮の場所を指し示したという日が6月24日だとされています。
地元の漁師さんは、その大サメの存在を知っていて、見ることができた年は豊漁や子宝に恵まれると言われています。

6月24日は、伊勢地方では神界のトビラが開きます。この縁起の良い日の前後に神宮に参拝された読者が写された写真が、
投稿日時:2017年6月26日月曜日 21:43:38件名:伊勢神宮
(URL: http://isehakupedia.hatenadiary.jp/entry/2017/06/24/170002#14


伊勢神宮・内宮の入り口の正面に在る大鳥居です。
鳥居の真ん中、参道の中央は「正中」(せいちゅう)と言いまして、「神様の通り道」とされています。

霊眼では、普段でも鳥居の中央から参道の中央には、神気の「流れ」が帯の様に、川の流れの様に、流れています。特に伊勢神宮では、常時流れています。
神官は、正中を避けて歩きます。

この写真では、正中を通って神気が参拝者の「お出迎えに」来た状態が撮影されています。
「ようこそ、ようこそ、遠い所を」
という感じです。


更に、内宮の正宮・正面の石階段も、
「こちらですよ〜〜」
と神気が先導をしています。

この色は、チベット密教の衣などにも共通して見られます、神界の高貴な色だと思ってください。高度なエネルギー体が持つ色なのです。
(このブログの色も同じ。笑)

球体の中には、もっと高度な解像度の写真では、古代の銅鏡(どうきょう)のような模様が表れるものです。
神気のエネルギー体が持つ、不思議な遺伝子のような模様です。

古代の人は、神気の模様が普通に視えていたようです。

近年は、伊勢神宮の内宮で御垣内参拝を致しますと、このオレンジ色の球体の巨大な姿が脳内に示現します。
これからの国家を心配し、そして無難に守る意志を感じます。


修正後

伊勢の神気 2017-06-28 11:23:04

読者が、6/23〜6/25の間、ご家族と伊勢神宮・伊雑宮を参拝されました。
ちょうど6月24日は、伊雑宮の大祭・御田植祭(おたうえまつり)が開催され、近海の沿岸には夫婦のツガイの大サメも参拝に来るという伝説のある日です。

大昔に皇女・倭姫命(ヤマトヒメ)が伊雑宮の在る地に初めて来られた時に、七匹の巨大サメが何故か海から野川を遡上して来て、伊雑宮に一番近い川の瀬でバシャバシャとして、伊雑宮の場所を指し示したという日が6月24日だとされています。
地元の漁師さんは、その大サメの存在を知っていて、見ることができた年は豊漁や子宝に恵まれると言われています。

6月24日は、伊勢地方では神界のトビラが開きます。



  • 最終更新:2019-03-15 22:01:14

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード