ペディアマニュアル〜1章〜

ペディアの掲載基準、および掲載概略
目次

ペディア編集の理念

 ペディアの編集は、以下の理念に基づいて編集されています。

  • リーマンさんの負担を減らす為、過去の記事、コメントを見やすく、出来るだけ判り易く記載しています


  • ルーシェさんの検索の結果、膨大な量の記事、コメントがあり、疲れる方々のために単語を見やすく
 出来るだけ判り易く記載しています


  • 他の編集者が編集しやすく、ページ内容が判り易くなるよう記載に努めています
 (編集者が作業がしやすい=読者が判りやすい構成であると考えます)


掲載基準

掲載基準

  • 訴訟リスクがありそうな記事、コメントは掲載しない。

  • 伏字対象の記事、コメントは記載しない

 ただし、読者に共通する事項は、編集会議室で相談後、伏字表記順序に従い記載します。


不掲載内容

  • 訴訟リスクがありそうな記事、コメント

  • 本家記事が削除された記事、コメント

  • リーマンさんの個人情報につながる内容
  具体的にはご両親やご兄弟の記述について。
  (記事と違いコメントにはほとんど記載した例はないと思いますが、もしあれば)

  前世などは掲載可として良いと思います。

  • 現在生きている人の記事、コメント(転生含む)
  • 故人であっても没後100年以内の記事、コメント(転生含む)

  著作権、版権、パブリシティ権、肖像権など、法律的な要素が関係する可能性があるので、
  不掲載とします。


  • 食品や商品の塗布・摂取に関しては一切掲載しない。

  薬事法に抵触する恐れがあるので不掲載とします。


掲載内容の議事録

1.普遍的な内容を掲載します。
  時事的な問題で、状況が刻一刻変わる内容に関しては、伊勢白ペディアには掲載しないという方針です。

2.訴訟になりそうな危険なコメントは本家ですぐ消されているので、数日たっても残っているコメントであればそのまま  使って良いと思います。

3.記事が伏字になっても掲載しているページで国名が推定できてもそれは良いと思います。

4.掲載すると困る団体が存在する場合は、該当箇所を避けて掲載をするか、不掲載とします。

5.画像及び写真については、読者作成のものに限ります。
  また、アップの是非については編集方針会議室で決定することとします。

特に重要なところは、文字を巨大化させましたが、議事録も参考にしてください。


ペディア伏字表記方法

  • 人名(外国人名含む)で内容が宜しくないと判断されたものは、先頭文字のみの表示にします。

  • 商品名、会社名、療法名、書籍名で内容が宜しくないと判断されたものは、可能な限り、先頭文字と最後の文字を表示(ゼ○○○ト)します。

  • 宗教団体、スピ系団体、団体所在地は、全伏字とします。

  • 伏字にして、回答、質問により、内容が不明瞭になる場合は、不掲載とします。
 (例)○○○は、どう思いますか?

    ○○○は、問題外です。

※宗教団体、スピ系団体、団体所在地などを伏せ字にしても訴訟リスクがつきまとう可能性がありますので、該当箇所を避けて文章を組み立てればよいと思います。
ただし、文章の組み立て直しはコメントのみ!で、記事に対しては掲載を見送ってください。


掲載手順概略

1.本家記事やコメントをノートパッドなどのエディタにコピー&ペースト(貼り付け)
MNL-1-1-2Editor.jpeg
画像クリックで拡大


2.エディタ上のデータに伊勢白ペディアで必要な記号を追加する。
MNL-1-2-pedia-add.jpeg
画像クリックで拡大


3.エディタ上のデータを伊勢白ペディアにコピー&ペースト(貼り付け)
MNL-1-3-2Pedia.jpeg
画像クリックで拡大


以上、大雑把に書くとこんな感じです。


新規・編集時のペディア記載について

検索したものを使用

 ルーシェさん開発、またたびさんオーナーの大容量検索システムhttp://luce-tabi.jp/
 検索をしたものを記載してください。

 検索したものに対して、【テーマ】となる語句があれば、その【テーマ】毎にページを作成してください。

 例)
 検索キーワード【釈尊】の場合、【天上天下唯我独尊】、【慈悲心】、【自灯明】などが
 【テーマ】になります。

 ※質問や回答が同じ場合や、似たような内容の場合は、重複を避け記載してください。


新規ページ作成時の注意点

複雑な概念でない場合

 編集者の独断にる自由な発想でページを作成してください。
 例)


複雑な概念の場合

伊勢白山道の禁止事項に以下のものがあります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「引用厳禁の理由は、特定の読者に批判などが向かう事を心配した為」と解釈している人がいますが、本当ですか?

。。。まったく違います。
私の言葉を利用して、 曲解すること、 解釈する集団を作らせないこと、 言葉の一部だけを取り上げ続けられると、新聞のように魔逆にもされることを防止します。 また、これからの社会的な対応にも備えます。
2013-05-28 09:40:08
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

編集者がシナリオを描いて、記事、コメントをピックアップすると、大切な概念などが抜け落ちる可能性があり、上記内容に抵触するおそれがあります。
記事、コメントのすべてをピックアップをしてから、テーマ毎に分類をしてください。

大変な作業です。。。
ルーシェ検索をかけて、ページ数が多すぎる場合は、編集方針会議室で相談してください。


なぜ、このような大変な作業が必要なのか?

【道徳】というキーワードを例にしてみます。

道徳とは。。。
  • 自分の良心に恥じない生き方のこと。
  • 他人のために成れることの喜びを知ること。
  • 他人への思いやりの大切さ。
  • 生き物への愛情や、情け心を持つことの素晴らしさ。
  • 先祖を大切に思う気持ち。(今の自分が居るのは、先祖が生きてくれたからです)

というような観点でページを作成したとします。
はたして、このページは正しいのでしょうか?

実際に、【道徳】をルーシェ検索で検索して、読み進むと。。。

個人が大自然への感謝と、自分の心の内在神に目覚めることで、道徳観が復活して国をククリ直し、世界に良い影響を与えることが可能です。
2015-01-25 11:19:26

という文章がありましたので、道徳と国家、内在神という【視点】が抜けていました。
これは、上記(2013-05-28 09:40:08)の趣旨から外れてしまい、ペディアが曲解や誤解の元になってしまいます。


では、【道徳 国家】や【道徳 内在神】という観点で検索し、ページを作ったとします。
はたして、このページは正しいのでしょうか?

・すべてのデータをピックアップしていないので、記載漏れが発生しているかどうかは判りません。

・内在神は、良心と記載される場合があります。

・例えば、先祖供養のように【複雑な要素】や【視点】が複雑に絡んでいた場合は、作成されたページが
 迷宮のように入り組んでしまいます。
 すなわち、編集がしづらいページになり、読者も判りづらいページになります。

・自分以外のペディアスタッフが編集をする時、新しい概念が追加されたのか、元々抜けていたのか
 判断が出来ません。
 元々抜けていたのかどうかを調べる為に、お掃除おじさんお兄さんやお姉様が、
 新規ページを作成する以上の労力を使い判断をしなければいけません。
 新規作成時にすべてのデータがピックアップされていれば、新しく追加された概念のみペディアに追加
 すれば良いので、作業効率があがります。


よって、【複雑な概念】のページは、【検索】をかけた記事、コメントをピックアップした後、
見出しやページ構成を考えて下さい。


編集者が作業がしやすい = 読者に判りやすいページになると思います。
現在、伊勢白山道はちょっと。。。と思われる方でも、紆余曲折を経て染み入る事があるかもしれません。
その時に、速習出来るような分かり易さも兼ね備えたページであれば、素敵なページだと思います。
これが、【日本が誇るおもてなし】です。

【おもてなし】の心を持ったとしても、無駄に終わるかもしれません。
でも、スジャータさんのようになれると思います。。。

。。。すみません。。。妄想が過ぎました。。。

検索結果が多い場合は、遠慮無く編集方針会議室に記載してください。
記事やコメントのピックアップのお手伝いが出来ると思います。
また、どうしようもないときは、掟破りの編集者シナリオを複数の方により、作っていくことが出来ます。

長々と書きましたが。。。
【複雑な概念】のページは、【検索】をかけた記事、コメントをピックアップした後、
見出しやページ構成を考えて下さい。


複雑な概念の場合(例外)

 【複雑な概念の場合】見出しでも、若干記載しましたが以下に記載した内容のものや、作業に不安がある場合については、編集方針会議室に記載して相談してください。

 ・訴訟が絡む内容かどうかの判断がつかない場合
 ・ルーシェ検索にかけた結果、量が多いのかどうかの判断がつかない場合
 ・天照太御神、先祖供養など、すでに膨大な量の記事、コメントがある場合
 ・なんとか神事などの場合(掲載すると困る団体が存在する可能性があるため)


ここで必殺!ちゃぶ台返し!!!

 良い子の皆さんは【ちゃぶ台】をご存知ないかもしれません。。。
 Reverse(リバース)と思っていただければ良いと思います。
 ちゃぶ台返しとリバースでは、豪快さが異なるのですけど、あえて気にしません。

 検索キーワードを用いる理由は、上記に記載しました【伊勢白山道の禁止事項】を守る為と、
 【類義語】【対義語】を分かり易くする為に使用しています。

 ペディアでは、検索キーワードを元に【ページ名】、【見出し】を記載しますが、
 検索キーワードのみでは、【ページ名】【見出し】が作成出来ないページが出てきます。
 1つの記事でも色々な視点があり、色々な視点により複合的に記事を読むと深く理解が進むと思います。
 検索キーワードを用いる場合と、検索キーワード以外のページ名や見出しを記載する場合の優先順位と
 考え方を明記します。

 優先順位と考え方
 1.検索キーワードを用いてページ・見出しを記載します。
  類義語、対義語を分かり易くするため

 2.抽象的な概念や多岐に渡る内容(内在神など)を扱う場合は、
  ページ作成時や、ページ分割時に類義語、対義語を意識してページ・見出しを記載します。

 この見出しの内容は、実に【もやっと】していて、キモチワルイと思います。
 書いているワタシも【もやっと】しています。。。

 仮称のページを作成され、編集方針会議室で相談して頂ければ、何か解決策が生まれると思います。
 お気軽にご相談ください。


まとめ




  • 最終更新:2016-05-22 22:12:24

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード