ブラックホール

■ブラックホールについて
目次

関連記事


宇宙に存在するブラックホールの1つは、自分が破滅を望む怒りの思いが創造に加担したかも知れません。
地球は産み出す思いに満ち満ちた大いなる母性の存在により、超太古に産み出されたようです。
恋愛や貧富・容姿などの「必ず変化して行く」モノにより自分の心の空間=宇宙を満たさないで、今の現状「にも」感謝することが出来れば、それは1つの悟りなのです。

人間は生きる間に何回でも悟り、宇宙を創造して行きます。死後に自分が生み出した宇宙を見せられた時、その仕組みに魂の大半が愕然として驚き、自分の責任を感じてある意味では後悔もします。
今日は1つだけ、自分が宇宙を創造している「最中」だということを、知識としてでも良いから知っておいてください。


自由に線が引けます 2012-02-14 10:36:36

上の図形は、陰陽太極図(いんようたいきょくず)です。
超古代の日本神道におけるイザナギ・イザナミ(アダムとイブ)という陰陽の夫婦神から、この世のすべての神々(物質も)が発生したとする真理が中国大陸に伝わり、これが道教(どうきょう)の陰陽思想の元となり太極図を生み出しています。
日本の古墳から発見されます勾玉(まがたま)は、胎児でもあり、陰陽の太極を表現しています。


この図形には、この宇宙が成立した過程の秘密、最新物理学(対称性の破れなど)の答え、時間の秘密、次元の秘密、ブラックホールの秘密、などのすべてが表されていると感じます。
神示によりますと、この図形のどこでも良いから1本の直線を引けと示されます。
例えば横棒を1本、適当な位置で引きます。
すると、どの位置の線でも白黒の割合(面積も)が違います。
しかし、丸の「全体」では、白黒の比率(面積)は同じなのです。



過ぎ去ったと思える過去も、自分が忘れていても脳内(宇宙)では磁気として残存して、並行する他の次元に実在しています。
今の自分だけが、過去と未来の自分を左右させることが可能な、特異点の自分なのです。
この法則は死後も同じです。
霊界にいた魂が、上の神界へと行きたければ、必ず現実界に生まれ出て通過するしか道は無いのです。
他の次元間での行き来は、上の次元からの一方通行です。
実際の宇宙も、ブラックホールという1点で、他の宇宙との接続が予想されています。
今の私たちが生きる現実界は、自分の行動しだいで神界にも地獄にも行くことが可能な、ブラックホールの特異点とも言えそうです。

過去の自分(と先祖)にも感謝し、今の(未来の)自分にも感謝をして生きましょう。
出来る限り自分の良心に素直に生きれば、後で後悔はしません。



目に見える太陽は宇宙に存在し、暗黒の「宇宙に向かって」光を放射し続けています。
これと同じ仕組みが、私たちの体内にも存在しています。
胸に宿る太陽(内在神)は、脳に向かって「思い」を放射しているのです。
つまり、人間の脳=宇宙、という相関性が存在するのを感じます。
ここで逆に考察しますと、人間の脳は右脳と左脳に分かれています。
だから現実の宇宙も、観測出来る表宇宙と、見えない裏宇宙の2つが存在すると感じます。
人間の右脳と左脳を連結している部分は、宇宙で言えば、ブラックホールと呼ばれる空間なのでしょう。
表宇宙と裏宇宙は、ブラックホールにより連結されていると思います。
私たちが悩んだり、悲しんだりすることは、本当に大変なことをしてしまっているのです。
その思いは、胸から器官としての脳に放射されています。
私たちの脳という小宇宙の状態は、現実の宇宙のひな型だと感じます。宇宙に影響して、彗星などの軌道に影響するかも知れません。
また、自分の胸(太陽の分神)を痛めるような思いは、現実の太陽の活動(黒点発生や太陽フレア)に影響しているのを感じます。
人類「全体」の思いが、全体で決済された結果が、宇宙の今と明日を決めているとも言えます。人類の先行きは、全体責任なのです。
やはり、人間は何があっても、静かに微笑んでいる状態が良いのです。自分にとっても一番にお得です。



もし地球の人口が減り出しますと、宇宙発生のビックバン以降は拡大する一方だった宇宙が伸び切って、今度は宇宙が収縮に転じ始めたサインだと感じます。
あなたの死は、1つの宇宙を左右するのです。いかがですか?壮大な話なのです。
だから、あまり悲しみに囚われては生けないのです。
悲しんでいますとブラックホールに変身して、周りの人間も暗くしてしまいます。

なんと、私たちが全宇宙を左右する「起点」だったのが真相だと感じます。
占術などは真逆であり、宇宙の星を観測して人間の先行きを決めます。しかし、これは大間違いなのです。
細かい星座の運行も含む、宇宙そのものが私たちの脳であり、それを統括する「心」が神的な存在(内在神)なのです。
自分の心に思うことが最重要であり、これからの宇宙の設計図です。


無駄な迷惑ハンディ 2009-06-14 10:38:06

「通じる」つまり正しく霊的な磁気(気持ち)の交流が起こる先祖供養・神様の祭りをするには、実践者自身のオリジナルな磁気が必要です。 主役は実践者自身です。
ここに自分(我が家)以外の霊的先生や集金教団の磁気を発する品物が在れば、非常に通じ難いのです。
特に新興教団の仏壇や神棚は、教団の背後存在と霊的に繋がっています。
持ち主が感謝の磁気を捧げても、ブラックホールに吸い込まれる感じになります。実践者の感謝の磁気により品物が浄化された分を穴埋めする様に、逆に穢れた磁気が教団から逆流して来ます。
教団の磁気とは、集金の為に信者を縛り拘束するものです。依存心と恐怖心を育て、信者を真の自由にはさせません。


負のハンディを憑ける 2009-05-25 11:12:05

伊勢神宮へ行きますと、個人欲の祈願を露骨にあおる物は何もありません。
他の有名神社では、のぼりを立てて祈願を誘う営業が盛んです。
伊勢神宮での参拝では、感謝の暖かい磁気が自身に帰されます。
営業神社では、感謝を捧げても吸い込まれる感じがして、まるでブラックホールの様です。
縁有る人々と協力して、全国の神社に感謝だけの参拝をして上書き修正をして行ければ良いなと思います。


神の目 ? 2007-07-06 19:49:42

質問 : 
今「神の目」という画像を見せるチェーンメールやブログが出回っているようです。NASAが撮影した
もので、その画像に願いをかけると叶うというものらしいです。普段そういった類のものでも平気な私ですが、これは何故か強烈に"恐い"と思ってしまいました。これが本当に良いものか悪いものなのかは
わかりませんが・・・
リーマンさんはこの画像についてどのような見解をされますか?
返答 :
確かに不思議な写真です。
私も、あなたと同様に 怖い と感じました。
これは、星の 終焉 の姿であり、この後、ブラックホールへと移行するような感じがします。吸い取る気が、漂います。
この写真をリーディングしますと、写真では中央に綺麗な白人の目のような青色をしてますが、現物の映像写真は、黒目だったと霊視できます。黒目は東洋人の目に見えるので面白く無く、白人の人が青色に着色したと感じます。
この写真が願いを適えると、最初に言い出した人は、単純な思い付きで言っただけだと感じます。しかし、それは霊的な存在が、言わしめたようです。


関連コメント

絵を描かれるようになったきっかけは、夢知らせがあったからだそうで、奥さんはチャネラーです。彼の絵が、母の病気を癒せると聞いて20年前に30万円で購入。ご夫婦そろって、精神世界にどっぷり浸かっておられますが、絵を所有していても大丈夫でしょうか? 玄関に飾っています。

。。。運気がブラックホールに吸われます。仕舞うか、売れれば良いね。
左記のカテゴリーの中の「先祖供養について」の75個の記事を、コメントまで再読してください。
2010-09-27 20:45:33



20140923

  • 最終更新:2015-04-26 20:45:04

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード