フォッサマグナ

■フォッサマグナについて
目次

【編集者注記】本ページは、十分な科学的根拠がないので、内容の判断は各自で行ってください。

関連記事

学校も国家も同じです 2012-07-10 18:10:36

上の地図における薄い赤色の地域が、フォッサマグナと呼ばれます大地溝帯です。この地域は数百万年前までは海であり、地殻が移動したことに伴って海の底が隆起して現在のような陸地になったとされます。
今日昼過ぎに長野県で震度5の地震が発生し、微振動が継続しました。

ハワイ→伊豆諸島→富士山→信州→大陸の白頭山、
という地下深奥のマグマの流れが気になります。
地球全体で注視して行くべき時節に入ったことを感じます。


生かそうとすること 2011-04-24 11:25:30

古代にヒミコ(日見子:最高神官の役職名)が居たのはナゼか?どうして弱い女性が、何代も国を支配出来たのか?
それは自然災害があったからです。大自然に対して代表して感謝をする人間を国家が持たなければ、その国は衰退「した」のです。
天皇陛下がお元気な間に国民全員が小さなヒミコと成り、次の天皇を支えなければ「日の本の国」は色んな意味で沈下します。
かつて、太古の太平洋上に浮かんでいた巨大浮島(うきしま:超巨大コンブの上に鳥糞と風砂が堆積した)の因縁が日本にはあります。
これからは、日本列島のフォッサマグナよりも上方の列島(糸静線よりも列島の上半分)と、太平洋側に面した地域の沈下状態を観測することが重要です。

まだ間に合います。
この国土に住む多くの人間が、先祖と大自然に対して感謝の磁気を持つ習慣が大切なのです。
これを科学的では無いという人間は、見ていれば良いです。その否定磁気と感謝磁気の差異が、自然界の変動としてこれから具体化します。その荒ぶるパワーは言葉に出来ません。
全体責任にされるのは遺憾ですが、仕方がないです。そういう時代と教育が、この日本に存在したという事実です。
多くの人間が、人でも物でもエナジーでも、動物も大自然も「感謝しながら生かそう」と思えば、未来は必ず好転します。
生きる間は、自分が出来ることを頑張りましょう。他のために頑張れるとは、本当に素晴らしく貴重で有り難いことなのです。



表示する日本地図のピンクの地帯が、フォッサマグナ(意味:大きなくぼみ)と呼ばれています。
2つの大きな島の間で元は海だった所において、海底の隆起後に後から何層も地層がおおいかぶさって現在のフォッサマグナ地帯ができたそうです。
日本列島を肉体だと仮定しますと、“腰のクビレ”が今のフォッサマグナ地帯の感じがします。
人間は、腰のくぼみの連結があるので、自由に歩くことができます。だから、日本列島も腰のくびれを利用して、ストレスの無い姿勢に動こうとしている感じがします。(大地よ、フラフープの遊びだけは止めてください~)


関連コメント

フォッサマグナ的に軽井沢は安全ですか?

。。。安全では無いです。
火山の影響があります。
2012-05-02 14:37:09


地図を折ってみると、白山と伊勢の真ん中は尾張一宮あたりでした。先日、白山方面へ走っていた時も「首都機能を○○へ」の大きな看板が目に入りました。将来 淡路島と伊勢の間の奈良の地のように、白山と伊勢の間の地に移る事もありえますか?

.。。。首都機能の分散は至急大事。
国体に関係します。
フォッサマグナを避けた、岐阜・滋賀・京都よりの奈良は良いです。
2011-11-03 18:36:41


主人の転勤先は関東が多く自分達の生活スタイルには合わないので、長野への引越しを検討しています(仕事も自営へ)。長野も危険でしょうか? 

。。。フォッサマグナ地帯は注意。
2011-09-29 13:09:47


本日昼前、金沢で横虹(環天頂アークか?)がみられたそうです。北陸地方も防災を意識したほうがいいでしょうか?

。。。フォッサマグナの影響です。
長野あたりは注意です。
2011-04-28 16:40:03


福島在住で茨城県との県境に住んでいます。最近福島県浜通りで震度3くらいの余震が頻繁にあります。今後この辺りで大地震があるのでしょうか?

。。。2年間は要注意。
フォッサマグナよりも北方半分は、要注意。
蓼科近辺で、火山活動が起こらないかを観測必要です。
富士山~富山・新潟の間です。
2011-04-20 15:41:07


地震警報「中央構造線から東海地域にかけて、天から電磁波が注入されています。今夜から2・3日は警戒しましょう。感謝想起の磁気でアースが可能です。 」

・・・・この中央構造線を「フォッサマグナ」地帯に変更します。
日本列島を分断する動きです。
2009-08-17 00:26:09


20140929

  • 最終更新:2014-09-29 19:56:09

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード