フェルメール

■フェルメールについて
関連項目 美術 芸術

関連コメント

ああ・・!私はこのラマナの背景のこの色が、この世で一番好きで、泣けて来る色です。ずっとずっと見ていたい色です。
この色は、ある丸ごとの「思い」が心に起こった時に、眼前に広がっていた色、に近いです。深淵なる、この色。
教えてください。
この色に、魂が震える事のなぜかを。

。。。フェルメールも好きな色でした。
シバ神の青であり、スサノオ・ブルーです。
2013-08-04 21:51:56


日々のブログの更新に感謝しております。質問をお願いします。
ゴッホや北斎について語られたことがありますが、自画像に良い作品がある他の画家について質問させて下さい。
レンブラント・ハルメンス・ファン・レイン(Rembrandt Harmensz. van Rijn、1606年7月15日 - 1669年10月4日)です。
美術の教科書でお馴染みの画家かもしれません。
単に光と影が強調された作風というだけではなく、魂の重さのある印象がします。
実物は見られなくても、作品をテレビや画集で見てショックを受けた人が(日本人以外にも)多いのではないかと思います。
明暗のコントラストや塗り方など画面の効果として作られたものとは違う気がしています。
何かお感じになるものはありますか?

。。。霊視では、伝説のフェルメールが出てきます。
両者には、ただならぬ関係がありました。
2012-03-31 22:30:43


20140918

  • 最終更新:2014-10-01 21:02:57

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード