ヒルコ神

■ヒルコ神について キーワード 蛭子 蛭児
目次

関連記事


古事記において、イザナギ神とイザナミ神が国産みという国土大地を形成するさいに、足が未完成なヒルコ神を最初に産んでいます。
両親神は、ヒルコ神を草で出来た船に乗せて海に流しています。
流されたヒルコ神は後に成長して、この世の幸福を左右する福の神であるエビス神へとなります。

これの意味は、人間はイザナギ・イザナミという両性の神性を心に宿しており、日々自由に思いの磁気を出してヒルコ神を創り出していることを示します。
ヒルコ神の足が未完成というのは、思いからの磁気分魂のために肉体(足)を持たないという意味なのです。
しかし、このヒルコ神が後に幸福に影響するということは、人間が出した思いの磁気が、後でその人物の幸福を決めて行くという真理を表現しています。

この神話の2つの目の真相は、ヒルコ神が国産みという、国土(肉体)形成の場面で最初に登場することに隠されています。
この神話は、最初に「国産み」があり、これに続けて「神産み」という多くの神々を生み出す神話となります。
つまり、神産みでは無くて国産みで現れたヒルコ神は、神では無く国土を表しており、それは足が無いという浮島(うきしま)を意味しています。
太古に太平洋に在ったムー大陸は、現代科学の地層学では痕跡が一切ありません。
これは、足が未完成というヒルコ神の象徴で表現された島だったのです。


関連コメント

ヒルコ神とカエルって関係ありますか?
蛭子の蛭と蛙の字が似ているから、何か関係があるかのように思ってしまうのでしょうか?
エビス神は大黒天であり、お腹が膨よかで、ガマガエルを連想してしまいます。
カエルは、黄泉の国との繋がりを持つ化身だと思うのですが、あの世とこの世の繋ぎの役目もあるのかな?と勝手に想像してしまいました。

。。。その意味はあります。
2012-02-07 20:48:46


巨大な昆布と鳥の糞の浮島のムー大陸は、国常立太神が直接に現実界へ影響して治め、平和な楽園のような時代が長く続いていたものの、何時まで経っても楽園のままなので、人類に変化・成長が起こらなかったそうですが、これは国産みの神話で、生育が悪く、葦船に乗せて流された蛭子神(ヒルコ)を連想させます。ムー大陸はヒルコの転写ですか?

。。。はい、転写があります。

浮舟、流す。
2012-02-06 22:21:15


どうしてイザナギ尊とイザナミ尊は第一子である蛭児神を葦船に乗せて流したのでしょうか? 我が子なら身体が不自由でも愛情をもって育てるのではないでしょうか?

。。。この時期の意味は、親子関係ではなく、国産みの象徴を意味します。
2012-02-05 16:20:47


20141004

  • 最終更新:2014-10-04 21:05:27

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード