バルドォ(生きながらのバルドォ)

■生きながらのバルドォについて
関連項目 バルドォ
目次

関連コメント

生きている間に、自我を溶かせば、生きながらバルドォを体験できますか?生きてる間に体験できれば、上書きもできるし、努力も善行も積める。死んでから後悔することが少なくなるように思うのです。死んでから後悔するのは、辛すぎます。

。。。寄り代(短冊や位牌のこと)による「先祖の為」の感謝の3本供養をしていけば問題は無いです。
供養が進むと、反省すべき点が思い浮かびだします。生きながらのバルドォでもあります。
2010-06-11 22:36:30


人間が死にそうになった時、走馬灯体験をして又意識が戻ってきたりすることがあるようですが、この走馬灯体験とは、プチ☆バルドゥ何でしょうか?

。。。そうです。バルドォの入り口を見ています。
2010-11-04 14:52:49


生きながらバルドゥはあるのでしょうか?

。。。あります。
少しでも生きる間に相殺させるための神の恩寵です。

「だいじょうぶ!「幸せの神様」が微笑んでいる」本、「読むだけで人生が変わるたった一つの方法―伊勢白山道Q&A事典」を出来れば何回も再読してください。
するべきことが分かります。
2012-02-07 12:26:46


死後には良心の感覚が何倍も強くなるとのこととですが、この先数年以内に肉体を持った人間の良心の感覚が突然急激に強くなり、皆が生きながらバルドーを経験し、皆が色々反省を始めるという可能性はありますか?

。。。生きながら、すでに始まっています。
2012-04-01 00:59:39


生きている間にバルドォを部分的にでも体験することはあるのでしょうか?
一時期、自分でも忘れていたような過去の出来事をたて続けに思い出しました。
何のきっかけもないのに、です。しかも思い出した瞬間、そのときどきの相手の気持ちが分かったような感覚になりました。ああ、あの人は私の何気ない言葉で傷ついてたんだな、申し訳なかったなとか、あのときちゃんと向き合っていれば良い関係を保てたのに、寂しい思いさせて悪かったなとか…。

。。。過去を思い出して反省するのは、生きながらバルドォを体験しており良いことです。

普通は死後に初めて思い出して悶絶します。死後の感覚は10倍です。

生きる間の反省は、すごく価値があります。

「だいじょうぶ!「幸せの神様」が微笑んでいる」本、「読むだけで人生が変わるたった一つの方法―伊勢白山道Q&A事典」を出来れば何回も再読してください。
するべきことが分かります。
先祖への感謝を普段の中でしていけば大丈夫です。先祖への感謝磁気を貯めることが、物事を改善させる力となります。
家系の水子にも感謝をしましょう。応援されます。
2012-06-23 16:57:00


【掲載順序】
 -関連コメント日付昇順。


20141104

  • 最終更新:2014-11-04 22:53:02

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード