ダム

■ダムについて
目次

関連記事

調伏(ちょうぶく)月間 2013-08-31 10:12:13

日本以上に外国の自然現象も気になる9月です。大地の軋(きし)みを感じます。
日本のダムは気になりませんが、外国のダムが気になります。
最近の異常な降雨量は、アジア全体の問題です。異常な干ばつと、降り出せば止まらない異常大雨です。とにかく天候の陰と陽が極端です。
ダムに「堆積するゴミ」と、異常な大雨、大地の軋みがダムを破壊するイメージがします。大自然の川が便秘の苦痛から解放されたい磁気を放っているのを感得します。


水は大切です 2012-09-05 09:37:56

ニュースでは関東・東北の枯れたダムが報道されています。
四国で過去に何回か実施された水道停止のような事態に、もし関東がなりますと大変な事態に成るでしょう。給水車が何台あっても足りません。
あれほど非難されたダムが、住民の生活を助けているとは皮肉なものです。
ただ、これから季節が変わりますので、無事に水源が綱渡りしていくことを思います。
とにかくこれからの自然は、極端な異常降雨による大水害、干ばつ、高温、今までに無い低温、と極端な様相に成るでしょう。



今朝の啓示では、世界中の巨大なダムが気に成り出しました。
山が動く=大地の砂が流動を始めると示されます。この時に、人工の巨大ダムはダメに成るのでしょうか。
日本列島では、沖縄方面からの地龍が北上して来ていますから、生活の中で感謝をして生きましょう。
日本は、まだまだしぶとく生かされます。やはり感謝の心を持つ人類が、たくさん日本に住んでいるからです。



イタリアや、白頭山を根本に抱える朝鮮半島なども、大地の沈み込みを観測するGPSセンサーをすべての沿岸部に設置して観測したほうが、事前に兆候を感知して住民の安全を守ることにこれから成るでしょう。
日本は、すでに大地の沈み込みを観測してデータを蓄積しています。これは地震予測の精度を上げることでしょう。
アメリカは大陸の中央部、特に地図を上から見た場合、中央から左側の内陸部の地下深奥に、「土が逃げた」巨大な空間が広がっていると感じます。その面積は、日本よりも広いと思います。
ロシア、ここはまだ深奥の土が詰まっていますが、永久凍土が溶け出した地帯から大地がフニャフニャに成るのが拡大しつつあると感じます。ダムの決壊や、河川の氾濫に注意が必要でしょう。
巨大な中国は、大陸の内陸部なのですが、ここも地下深奥の土が流れて空洞が広がるのを感じます。
この兆候は4・5年前からすでに発生していると思います。


 
私たちは悪いことがあれば、その済んだことの意味を知りたがる人は多いですが、その経験が「同じ災難」を明日に避けさせる貴重な経験であることを知るべきです。
これからも、太平洋側の全面において、個人で津波への防災意識を持ち、日々の生活の中で想定シミュレーションをして行きましょう。
日本列島の山間部に住む方は、がけ崩れや、河川・ダムが決壊した時に「取るべき行動」を想定シミュレーションしておけば、いざという時に動けます。
普段に防災を「考えるだけ」で、その人は助かる%テージが上がります。


黒部ダム 2009-08-07 09:31:55

昨日は、黒部ダムに行ってきました。
離れて暮らす親兄弟が、夏休みを利用して黒部ダムを見たいと言うので、私の車で行く事に成りました。
この日が縁者により偶然選ばれた背景を感じていました。

色々な行き方を検討した結果、高齢者がいる為に長野県の大町に在る関電トンネルを利用する方法を選択し、黒部ダムに通じる専用の電気バスの乗降駅まで車で行きました。 
駐車場は既に満車で、バス駅から離れた駐車場に誘導されました。
係員が沢山居られて、高齢者が居る事を告げますと、無線で連絡を取り、駅前の有料駐車場を空けてくれました。駅の係員の方々は、とても丁寧で親切で、良く管理されているのが分かりました。
ここは、関西電力の研修道場の様な感じがしました。大掛かりな施設を備えた「電力基地」の様相です。

電気バスに乗車している時間は15分間程でした。
4台ほどのトローリーバスが一緒に縦に並んで進行します。
トンネル途中に在る多くの死者を出した80mほどの破砕帯(はさいたい:石が細かく脆弱であり、水流を含む地層)を通過した時は、感慨深いものを感じました。
全体で171名もの殉職者を出す工事は、人道的な労災の観点から、現代では難しいかも知れません。
バスを降りてから歩くトンネル通路には、ダム建設の歴史の写真が展示されています。
その写真の中でも、現場への登山道を最初に付ける為に、断崖絶壁の高所で、数本の橋場丸太を固定する作業の写真には絶句しました。軽装で垂直に切り立つ岩場に佇む姿は、人間業ではありません。昔の人の偉業を思い偲びました。

ダムに立った時、両側から迫る3000m級の中部山岳地帯の山並みに圧倒されました。
国土の意思を、自宅に居る時よりも明瞭に感じます。
意外にも、都会に住む人々が病み出している事を感じていました。 
世の中には、心の不幸な方が増えています。
5%運動により国民を立て直す任務を、国魂より任される感応を持ちました。
ダムを去ろうとして最後に渓谷を覗き込んだ時、川沿いを歩く昔の「山の民」の姿を幻視しました。
とても薄着な姿で小雪の中を歩く姿でした。
おそらく、ダム工事が始まるまでは、黒部峡谷は彼らの聖地だったのでしょう。


太陽の洗礼 2009-06-03 10:23:55

6月に入ってから急に太陽黒点の出現が再開され始めました。
――中略――
太陽電磁波の地球への影響としては、地震の発生があります。
中国の大地震の時も、地震発生の前には雲の光彩現象が被災地各地で撮影されていました。
太陽電磁波は、地中の水脈と化学反応して水素爆弾に成る様に感じます。
自然界の水脈であれば流動性があるので、水爆は発生しないのですが、巨大ダムなどによる地下水の流れに影響する大きな人工物が存在すると、水爆が自然起爆して地殻変動を起こすと感じます。
宇宙の軍事衛星を利用して、水脈にピンポイントで強力な電磁波を照射し続ければ、人工地震を起こす事ができると感じます・・・。



今の時点での神示によると、地球の苦しい歪み活動は、数年前からの赤道付近での大地震で始まり、それが北極南極の両方向に向かって地震発生地域が移動しています。
つまり、中国が納まると次はロシアの方向へ行きます。
ただ中国の場合、巨大ダムのせいで地震が長引きそうです。
ダムの水を無くさない限り、巨大地震は繰り返す可能性が大きいです。


20150112

  • 最終更新:2015-01-31 21:30:21

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード