タルムード

■タルムードについて  
目次

関連記事

スティーブ・ジョブズ 2011-10-08 10:33:50

彼の思考の遺伝子には、ユダヤ教の聖典タルムードが染み付いていたのを感じます。
彼がタルムードを読んだかどうかは知りませんが、彼の遺伝子には根深く染み付いています。
もし彼が、伊勢神宮の外宮に参拝していれば、すべての崇敬神の親である外宮に、神の実在を感じられたことでしょう。

ユダヤ聖典タルムードとは、ユダヤ人から世界一多くのノーベル賞の受賞者を出し、世界一の富裕層の人々を輩出させる原因となっている聖典だとも言われるものです。
この聖典を幼児の時から復唱させられることが、知能と、この世で生きる知恵を身に付けさせると言われます。


関連コメント

タルムードは好奇心で読んでみたいという発想を持たない方がいいのですか?
「柔訳 老子の言葉」を3回読破した方のがどんだけためになるか。を心しておく方が無難ですか?

。。。タルムードも、基本には老子の知恵があります。
老子が大事です。
2013-05-28 19:19:26


「タルムードは常にユダヤ優位なのである。」との記事がありました。
リーマンさんの記事を読むと、タルムードには数々の知恵があり素晴らしい教えのように思えたのですが、先に引用した部分を読むと「???」です。スティーブさんの思考の遺伝子に、ユダヤ教の聖典タルムードが染み付いていたのなら、先に引用したようなユダヤ人優位の考えを持ってらっしゃったのですか?今日の記事でタルムードは素晴らしいなと思ったので、ユダヤ人優位の教えを読んでわからなくなりました。
タルムードが目的としているもの何ですか?人間を善の方向に向かわせるために書かれたものですか?教えて下さい。

。。。迫害を受けるごとに、加筆がされています。
善悪の両方を含みます。
ジョブズが瞬間的にリストラする人間だった意味も伺えます。
タルムードは生き残るための、何でもあり経典でもあります。
つまり、読む人間の力量が要求されます。
2011-10-09 14:50:49


20140926


  • 最終更新:2014-09-26 19:32:51

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード