スサノオ(鼻呼吸)

■スサノオと鼻呼吸について
関連項目スサノオ
目次

関連記事


空気の吸引は必ず鼻からします。これは、邪霊の吸い込みを防止する意味です。口からの吸引は、ダメです。
鼻は、スサノオ神を象徴する意味があり、鼻からの息の吸引は邪霊を寄せ付けません。鼻毛は、霊的には尖った剣山を象徴し、霊は嫌がります。
(中略)
死後の世界を左右するスサノオは、「鼻」呼吸、つまり鼻の息吹(いぶき)により寿命に干渉する力があります。これは、息吹長命の術です。


鼻で息をする事 2008-09-20 20:27:04

スサノオは、『古事記』によれば、神産みにおいてイザナギが黄泉の国から戻って禊を行った際、鼻をすすいだ時に産まれたとされます。
親神イザナギの鼻から生まれたスサノオは、そのエネルキ゛ー体が人格神の形象を取る場合、立派な良い鼻をして現れます。
ただ大きいのでは無く、品があります。
神話のスサノオは、霊的には現実界の人間の色々な面を現しています。
その人間を表現するスサノオが鼻から生まれた・・・。
人間には、鼻が重要であり、その意味は呼吸が重要だと言う事です。
霊性の向上には、深い鼻呼吸が大事です。

根源存在は、無数の神々の中でも今回は、スサノオに鼻(花)を持たせたい様です。


20141129

  • 最終更新:2014-11-29 21:06:08

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード