スサノオ(眷属神・お使い)

■スサノオの眷属神、お使いについて
関連項目スサノオ眷属
目次

関連記事

スサノオの御使

何とかなります 2011-02-11 12:17:50

カラスは、スサノオの御使です。つまり、天照太御神を背負う家系を導いたのは、スサノオであり、その奥に在る国常立太神(くにとこたちおおかみ)だったのです。
私の家に現れる「例の」焚き火にあたる3本足の大カラスは、最近はカラスの大群を引き連れています。夕方には、私の家の周囲300m以内の電柱や木立に、音符のようにキレイに並びます。おそらく糞害を起こしていることでしょう。カラスが並ぶ日は、スサノオの神気を感じている日なのでした。


稲荷信仰 2008-01-10 20:13:13

本当の稲荷神は、伊勢神宮とも深い縁が有る正神霊です。
稲の荷を運ぶ・・・稲の育成と伝播の神・・・・お米の守護神です。 稲荷神の最高位の神霊を霊視しますと、その御姿は男性老人の翁です。 スサノオ神界に属してます。
天照太御神の神気を宿した御米を、スサノオの眷属神が守護する様です。
稲荷神の御用をする末端の家来である眷属は、狐霊です。
稲を口に銜える姿で、毛並みは、収穫前の稲のような黄土色に光ります。 御金儲けとは、関係ありません。
五穀豊穣の感謝を捧げるべき神霊です。
 
現在の大半の方が信仰する稲荷神は、この正神稲荷とはまったく別物です。
人間は、自己の金儲けの為に、神をも金儲けの為に利用しようとしました。(中略)
人間の欲深さに呆れ果てた、地獄も支配しているスサノオは地獄界から、醜いシ゛ャッカルに似た獣に跨る存在を呼出しました。 俗に言うダキニ天です。 恐ろしい姿をしています。
跨る獣は、狐霊とは関係ありません。


スサノオの眷属神

あなたの内面から現れる 2008-09-06 18:53:16

他人の悩みを聞くと、私の自己の中に内在する観音様が出て来られて悩みを聞いています。
霊的攻撃を加えて来る者には、私の自己の中に存在する小宇宙に在る黄泉の国から、スサノオ系の眷属神が出て来て何処かに走って行きます、笑。
ようは他者への純粋な慈悲心でする行為には、正しい神仏の加護が望まなくても与えられるのです。
これは皆さんも、全く同じです。
自己が預かる神仏をお出しすれば、自分も守護を受けるのです。



翌日は、わざわざ滋賀県の坂本に在る元宮内庁御用達の本家鶴喜蕎麦に立ち寄り、蕎麦を食べました。
120年以上経過した建物には、風情があります。
日吉大社の参道沿いにある為か、スサノオの末端の下位の眷属精霊である猿鬼が巡回するコースに、この御店が成っていると感じました。 このような土着の精霊を祭り遵守する店は、長く続くものです。


太神の慟哭 2008-04-27 08:20:17

今までのこの神霊との感応を自分なりに整理すると、現在の地球での騒乱、戦争、兵器開発、核・・・などの原因の元に成る資金の出所は、投機マネー組織、国家、影の通貨発行管理者に在り、その親玉はヨーロッパに総本山・・・・。
これと、スサノオの眷属神が起こしたイスラム系との衝突が起ころうとしているのですが、これも、この神霊から見ると小さい事なんです。
この神霊が一番悲しみ怒るのは、数十億年掛けて育てた人間が、外に神を求めて中身が空に成ってしまった事です。
これに諸悪の原因が在るとの事です。


太陽軌道と黄泉の国 2008-04-05 17:50:18

古事記をリーデイングすると、伊勢から太陽が生まれ、太陽が沈む伊勢の西方面の地域を「黄泉の国」としたことが分かります。 つまり、熊野地域です。 熊野神社系の霊的背後は、黄泉の国を国常立太神から任されているスサノオです。
スサノオは、眷属として鬼神界と天狗界を使います。
現在の熊野地方には、天狗霊が守護しています。
しかし、太陽霊光によりだいぶ減りましたが・・・。


シルバーバーチについて 2007-10-31 19:05:21

多額な金が必要なセミナーに、人類の救いが存在する訳がありません。このようなモノ(ケモノ)に集まる人間は、これから精神的に不安定に成って行きます。
楽をして近道をしたがる、我良しの人間だけを集める任務をスサノオから命じられた魔王と、その眷属がしています。
大活躍、ご苦労様です。


狛犬の丸い前足 2007-08-02 19:29:15

私は、狛犬をキーにリーテ゛ィンク゛しますと、ある神界の様相が浮かんで来ます。
髭を長く生やした老人の翁が、2匹の犬を連れて散歩しているのです。(中略)
この2匹の大型犬を連れている老人の正体は、スサノオです。
狛犬は、スサノオ神界の眷属なのです。
邪鬼を祓い、寄せ付けない力があります。
鬼神の大元締めである、スサノオが可愛がる眷属ですからその型を表現した狛犬像にも霊験があるのです。
スサノオ神界は、大きく別けて9段階の世界があります。
それぞれの世界に、スサノオ神が存在します。最上界の9段目のスサノオは、今までに肉体を持って現実界へ降りたことが無いエネルギー体です。
ただ、現実界から御姿を観ると、老人の翁の姿で観えます。
次元が下るにつれて、段々と若さと荒々しさが出て来るようです。下の方の次元では、頭に角があります。


関連コメント

ちょうど金沢の白山ひめ神社に参拝して 幼児がいた私たち夫婦は子供が喜んでくれそうな 能登の水族館や海岸で遊んで 気◯大社の脇を通り過ぎたとき なんかそこに 大きくて角が生えた 肩にはヒジキみたいな太い毛が生えた 赤黒い大きな存在を感じて あれは神様?と思ったことがあります 身体を丸めて復活の日をエネルギー満タンで待ちわびている感じでした
能登には鬼伝説があるらしいですが いまスマホでケ◯を気◯に変換したら獣とでました ちようどその神社の参拝するところには あの鍵穴の大きなものがあり なんか今日の記事をみて思いださずにはいられませんでした
ここの神様は 中東、ユダヤに関係しているのでしょうか?

。。。それは猿鬼です。
スサノオの眷属神ですから、モーゼとも関係はします。
2015-02-20 14:18:36


20141127

  • 最終更新:2015-10-26 11:16:09

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード