スサノオ・ブルー

スサノオ・ブルーについて
■スサノオ(その他)について
関連項目 スサノオ
目次

関連記事

スサノオ・ブルー 2015-05-11 11:52:45

上の写真は読者が撮影された、青いオーラです。カメラレンズの性質として色々と解説もあるのでしょうが、霊眼で観る神気とはまさにこの色であり、見え方も同じ雰囲「気」です。
伊勢神宮では、このブルー色の神気を観ることは少なく、大半が日輪のような温かいオレンジ色の神気です。

やはり、アマテラスオホミカミ系とスサノオ系の神社とで神気の色が違います。
実は実物の白山も非常に珍しいのですが、遠方からですと山頂の残雪が薄いブルー色に発光しているように見えることが有ります。
この白山の写真集の表紙が近いです。

ー中略ー

インドのシバ神、吉野山の金剛蔵王権現、などの神々は濃い青一色で塗られています。
これらに共通することはスサノオとの神縁です。従って、その神気のオーラをスサノオブルーと私は呼んでいます。


伊勢~熊野、天河へ 9 2009-12-07 10:28:50

当時の私は、一人で高野山に隣接する荒神岳に参拝登山をしていました。ここは、スサノオの分神であるシバ神が、青き姿で踊りながら降臨したとされる伝説の在る山です。


霊峰 白山 2009-01-29 10:01:25

牛首と聞いて浮かぶのは、やはり牛頭天皇(ごずてんのう)です。スサノオの青いエネルギー体は、時代ごとに色々な人物や物の怪として現れて歴史に登場して来ました。
平安期は、現実界に青いエネルギー体が特に物質化した時期でした。


再会を喜ぶ 2008-10-06 19:40:45

5%運動とは、現状のアタリマエにしてしまっている事に、まず気付いて欲しいと、日本の国土自体が御神体である国常立太神(クニトコタチオオカミ)の啓示を受けたのが始まりで
した。
これを補助して助けているのが、太陽神である天照太御神です。 国常立太神が人格神としての現れをすると、最初の高位次元では、スサノオと成り(鳴り出す)ます。
次の次元ではスサノオが分神して、シバ神・アッラー・ミカエルなどなどの青い霊光を有した神霊と成り、世界中に現れました。
(中略)
長野県の松本あたりは、太古の因縁が強い場所の1つです。
スサノオの青い霊光から分派派生した神々の住まう地域です。


太古の幻想 2007-06-24 21:58:51

宇宙から根源神の息吹が、白山に降り注ぎました。
それは3本の生命の種を地球に降ろし、それらが互いに絡みつき生命が誕生したようです。
その3本の生命の息吹は、石化して石柱として残存しました。
(中略)
3本目の根源神の荒魂を宿す人物では、チンギス・ハーンがいます。蒼き狼として、恐れられたようです。そのオーラが青色でした。青きオーラの神霊には、インドのシバ神やスサノオがいます。それらも、根源神の荒魂から分霊した存在です。


関連コメント

スサノオブルーはカラーコードで又はマンセル表色系色見本ですとどのNo.になりますか?
自分のスマホの壁紙スサノオブルーにしても祓いの効果ありますか?
【WEB色見本】

。。。royalblueからskyblueまで、全部言えます。
いろんな用途で意味はあります。
インドでもシバ神を、濃い青一色に塗ります。
2015-04-27 18:40:55



  • 最終更新:2015-05-11 21:16:30

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード