シッポ君・牛頭人体

■シッポ君・牛頭人体について
キーワード シッポ、牛頭人体、魂を食する存在
目次

関連記事

魔物は集会好き 2009-05-13 09:43:43

これから終末思想アセンションを利用して、寄付金を募る集会やサークル活動をする輩が益々増えて行きます。
人様の善意を利用する、この様な集団の背後には 100%「魂を食す存在」が隠れています。 表面的には奇麗事ばかりで問題点を見せません。
最終的に、人間の魂と金銭の両方を魔物に提供する事に必ず成ります。


霊的ヒーリングの真実 2 2009-03-30 09:41:10

完全なる作用・反作用が機能する世界を維持し、魂を大きく育てて根源へ帰る事を望む本当の神様(魂を育てる存在)と、偽の神様(魂を餌食にする存在)の綱引きが太古から存在しているのが地球です。
魂を食す存在には、外宇宙の惑星において超太古に文明を経験して、物理的な体を亡くしている幽体の存在も中には居ます。これが地球の現実界へ干渉して、魂の成長を妨害しながら不満エナジーを養殖しています。
有料ヒーラーやチャネラーとは、これらの粗い幽体存在に利用された人間です。


007このテーフ゜は・・  2009-01-22 10:10:10

悪知恵の深いシッポ親玉は、これを好機と捉えて行った事は長く自分達の息が掛かった子分達が継続して来た大統領職を離れる退職金として、ドル絡みの資産の大暴落を誘導させました。湯水の如く子分会社の金融・軍事・自動車・航空・住宅機構・・・の援助の為に国家予算をばら撒き続けました。


死と再生復活 2009-01-08 10:38:25
 
私は生命を食す霊的存在のシッポ君が、正月という祭日の緩みを狙い、北朝鮮にソウルを急襲させる軍事行動に出る可能性を、イスラエルの狼煙と合わせて心配しました。



古代の原初のユダヤ世界と信仰を築いた人々の大半は、日本へ辿り着いています。 この本来の正しいユダヤ信仰は正月の注連飾りの様に、日本の風習の中に溶け込み吸収されています。
現代の「宗教ユダヤ」の大ラビ達が日本の神気に触れ、永い歴史の途中で摩り替った、シッポの有る霊的親玉の束縛から目覚める事が鍵に成ります。


我が身に成れば 2008-07-11 19:55:45

先祖霊を大事にする信仰は、神に通じる一番の近道です。
先祖の霊系(霊線)を供養により、自分で遡って行くことは、一番安全に自分に最適な色で神霊に通じる事が出来ます。
(中略)
我良しの近道を求める人間は、封じ込められた存在や、魂を食す存在を神として拝んでいるものです。


畏れる事も必要です 2008-04-24 20:26:35
 
この写真を今、思い出しますと、これは空海が邪神を封印した洞窟に祭られている社です。 空海さんは、魔界の存在を神として祭ることを条件にして、封印したケースが全国に有ります。 魔神との一種の交換条件です。神社の形式を取っているので、普通の人間には分からないですし、神の名前が付いているので、大きな愛だと思いがちですが、残念ながら太古から人間の魂を食す存在は、実際に居るのです。


真実は奇なり 2007-12-22 11:17:38

ただ、この一連の模様を影から全てを静観していた、黒い姿の牛頭人体をした、先が尖ったシッポを持つ霊的存在が居たのは、私の事実です。


関連コメント

牛頭人体の存在は、超太古に月に飛来したとのことですが、月に来る前はどこにいたのでしょか?

。。。火星にも関与してます。
2015-02-20 15:42:23


昨日の読者の方が牛頭魔神の本体はどこに祭られていますか? との質問に、牛頭天王、スサノオ系の神社です。と伊勢さんがお答えになっていました。
結局、スサノオさまは、魔界も牛耳っていると言う事ですか。

。。。そうです。黄泉の国の支配者です。
別名は、西洋でミカエルと呼ばれます。
「読むだけで人生が変わるたった一つの方法―伊勢白山道Q&A事典」を出来れば何度も再読してください。
今までの勘違いが分かります。
2014-05-23 17:34:42


何故牛なのでしょうか?虎でも馬でもいいと思うのですが。

。。。地球外生物の遺伝子の影響です。
インドでも、牛は神です。
2014-05-23 14:41:16


牛頭魔神の本体はどこの国で祀られていた(いる)のでしょうか?

。。。。牛頭天王、スサノオ系の神社です
2014-05-22 19:55:37


ヒトラーにも憑依していた体育座りの牛頭存在は◯◯◯でしょうか?容姿、人身御供、時代など符合し、ミロクの世との関連も伺えます。ソロモン・イエスは体育座りの親分とのこと。古代イスラエル第3代の王ソロモンはその神を崇拝したそうで、また符合します。

。。。そうです。
一度拝めば、家系に因縁として反映し、後世に現れます。
ソロモンイエスが幼少時に、他の子供を呪詛で殺害したり、大人や親族までを呪詛で手玉にとる様子の記述が残存します。
トマスの伝記にあります。
2012-02-25 22:12:27


牛頭人体の霊的存在は、ひょっとしてクレタ文明(青銅器文明)と関係があるのではないでしょうか?

。。。それにも関係します。
牛頭人体については、スサノオとも関係しますし、とても複雑な解釈が必要です。
普通の方は、理解しようとせずに良いです。
2007-12-22 20:06:00


20141013

  • 最終更新:2015-02-20 21:47:27

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード