エホバ

■エホバについて  キーワード「ヤハウエ」「ヤハウェ」
関連項目 多賀宮 国常立太神
目次

関連記事


なぜ、モーゼは同じ石板を2枚も用意したのか?
これこそは、旧約聖書の最高神・ヤハウェ神(国常立太神の7次元)が雷鳴と共にモーゼに命じたのです。その理由は、
「未来に、我が神の子たちの兄弟が再会した時に、兄弟であることを理解させ決定付けるための証拠として」
同じ石板を持たせたのです。

ー中略ー

しかし、ヤハウェ神が、
「2つの証拠を見せ合うことで兄弟を知れ」
という神意は、これだけでは無かったのです。

海をもコノ世で割り、反対者の民族を全滅させる(玄関に赤い印を付けなかった民族を滅ぼす。日本では玄関に注連飾りを命じる)ような厳しいヤハウェ神は、「証拠」という烙印を押すことにこだわりました。あやふやにしないのです。


人類の思い上がり 2014-04-20 10:38:01

モーゼを指導した神こそは、国常立太神(クニトコタチオオカミ)の7次元の存在であり、伊勢神宮の外宮にも鎮まると私は感得しています。別名で、エホバとも呼ばれています。
古来から伊勢地方には、上記の「過越の祭」と非常に類似したスサノオ神の伝説があり、今でも伊勢地域の玄関先には、蘇民将来伝説(そみんしょうらい・でんせつ)の注連飾り(シメカザリ)を飾ります。

モーゼを指導した神とは、エホバであり、国常立太神7次元であり、スサノオ7次元でもある訳です。

21世紀の現代にも、この怒りもする問答無用の「7次元」の神霊の息吹が存在することを感じています。
この神霊の正体こそは、生きている地球であり、大自然の息吹だと感得します。
日本でも100年ほど前から再起動を起こし、我慢に我慢を重ねて黙っていた大自然が起こり(怒り)出しています。
多くの新興宗教が、この怒りを利用したことに、更に怒りここに極まれりの状態が現代に起こっています。


無難に出来ます 2013-07-31 11:45:31

旧約聖書では、天の大神・エホバ(和名:国常立太神の7次元)が、「ソドムとゴモラ」という2つの名称の国家を殲滅しています。地上から消し去っています。
その2つの国では、売春・レイプ・恐喝・ワイロ・暴力・動物虐待・詐欺・不正取引・金銭と異性による他への干渉、紛争の仕掛け、他への言い掛かりと脅迫・・・・・、などが常習的に行われていました。

日本は、このような悪事が増えないように防御していれば、必ず天により生かされます。
学校でイジメられている子どもも大丈夫です。自分の良心に沿って生きることが個人も国家も大切なのです。
天にダビデの象徴が現れたからには、大掃除が始まる芽の可能性が在ります。7次元とは容赦が無いという象徴なのです。
これを感謝することで緩和します。



京都の八坂神社などは、古代ユダヤ信仰の親分であるモーゼが長い間停留したキャンプ地だったことを幻視します。
京都八坂の小高い丘に住んだモーゼは、京都人にエホバ神(スサノオ神の7次元の現れ)の信仰と、織物技術・染色技術を教えています。
モーゼこそが、聖なる箱を運ぶ祇園祭の起源であり、伊勢地方に伝わる蘇民将来(そみんしょうらい:エホバ神の子供である印を、家の玄関に付けるhttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B003KZ59CQ/isehakusandou-22/ref=nosim)の習慣を現代に残しています。


通貨制度は原罪か? 2012-07-05 11:22:21

旧約聖書『創世記』によりますと、アダムの創造後に実のなる植物が創造されました。
アダムはエデンの園に置かれるが、そこにはあらゆる種類の木があり、その中央には命の木と善悪の知識の木と呼ばれる2本の木がありました。それらの木は全て食用に適した実をならせたが、主なるエホバ神はアダムに対し「善悪の知識の実」(現代の通貨に通じると感じます)だけは食べてはならないと命令しました。なお、命の木の実はこのときは食べてはいけないと命令されてはいません。
その後に、女性(エバ)が創造されます。大蛇が女性に近付き、善悪の知識の木の実を食べるように誘いました。女性はその実を食べた後に、アダムにもそれを勧めました。その後に2人は目を開けて、自分達が裸であることに初めて気付き、イチジクの葉で裸体の腰を覆ったのです。

この結果、大蛇は腹這いの生物となり、女性は妊娠によるツワリの苦痛が増しました。また、地(アダム)が呪われることによって、額に汗して働かなければ食料を手に出来ないほど、大地の実りが減少することを主なる神は言い渡しました。
アダムが女性をエバと名付けたのはその後のことであり、主なる神は命の木の実をも食べることを恐れて、彼らに衣を与えますと2人を楽園から追放しました。命の木を守るために、主なるエホバ神は「エデンの東」(伊勢の外宮と伊雑宮)に「ケルビム」ときらめいて回転する「剣の炎」を分けて置きました。


時事感想 2012-04-06 12:53:50

1つ気になりますのは伊勢の勢田川は、伊勢神宮の外宮の神域の森へと通じていることです。
イナの大集結が、内宮に通じる五十鈴川ではなくて、外宮に通じる勢田川だったことが気になります。
地元の住民も初めて見るほどの大量の魚で、川が黒く埋まっています。
伊勢神宮外宮の本当の神格とは、地球全体の大神霊(天之御中主神・大国常立太神・エホバ・アッラーでもある)ですので、これに通じる川の異変とは気になります。


田んぼが世界を救う 2010-06-24 11:07:01

この古代ユダヤ教の残影は、伊勢の玄関に飾られる笑門の飾り付けや、伊雑宮の神社を表す正式な神紋(しんもん)が、ダビテの六芒星である理由です。
そろそろ、大虐殺を経験したユダヤ民族と、2度の原爆による大虐殺を経験した日本人が、伊勢の神様の元に集まる時期が来ていると感じます。
国常立太神とスサノオ。ヤハウェと大天使ミカエルの関係は、同じ相似形です。
イスラエルの狭い土地をめぐって、地球を壊すほどの戦争を起こす前に、日本へ田んぼをする為に移住する事が神の意思です。
その為に白山のふもとには、約束のカナン(加賀南部)の地も在りますし、全国に休耕田が在ります。太古の両民族の関係に戻るだけの事です。
これは、両国民の血液から遺伝子を調べても分かることです。
必ず世界平和に成ります。


太古のロマン 2 2009-06-17 10:44:48

ユダヤ教とキリスト教にとって、非常に大事にされているモーセの十戒が有ります。この内容が記された石板が存在したと伝説にはあります。
映画「十戒」では、シナイ山で聖者モーゼが瞑想していると、天から雷が目の前の岩に落ち、10行の戒律が刻まれたとしていました。
私の感応では、岩山で落雷が鳴り響く中で瞑想していたモーゼに、国常立太神(くにとこたちおおかみ)=ヤハウェの7次元存在がモーゼに神懸りして石板に刻ませたと感じます。
神霊の7次元の現れは、時には厳しくて強引な形に成ります。
モーゼを邪魔するものは、ことごとく滅ぼされました。
この有様を見ていた民衆には、モーゼが神の使者、生き神様に見えた様でした。


伊勢の注連飾り 2008-05-07 19:15:58

過越の祭とは、ユダヤ教の重要な宗教行事です。
起源は、今から3500年程前に、エジプトで虜囚となり虐め抜かれたユダヤ人達が、預言者モーゼに率いられてエジプトから逃げ出す前夜、ユダヤ民族の最高神ヤハウエ神(正体は、国常立太神)は、モーゼに予告しました。
我が大事な民を殺戮した罰として、エジプト全土の家の跡継ぎとなる男子と、家畜の初子を致死疫病の形で急襲させて急死させると予言しました。
ただし殺戮の疫病から免れる方法も神は同時に告げました。
ユダヤ人達はその予言に従い、仔羊の血を玄関入り口の柱と鴨居に塗って、予言どうりの血の印を麻の葉で付けました。
予告日の真夜中頃、その血の印をしていないエジプト中の家々の長男が急死しました。もちろんエジプト王朝の跡継ぎも急死しました。かくして、印をしたユダヤ人の家だけは災厄が”過ぎ越した”という故事にちなんだ祭りが、過越の祭です。

ー中略ー

古代の中近東の地に降りた、復讐する厳格なヤハウェは、国常立太神(7次元の現れ)です。
日本でも近年100年間に、この世の終末破滅神示を降ろした怒りを慟哭する存在は、やはり国常立太神(7次元の現れ)です。
この7次元の国常立太神は大変厳しい現われをします。
最近のミャンマーの台風による大被害も、人類を貶める麻薬を減らす為に数万人の人命と共に殲滅させています。
今後、この神霊を鎮めるには、感謝の5%運動により9次元の存在へと昇華させ、親神に融解させる必要があります。


稀有なる場所を守る母性 2007-10-02 19:13:39

外宮は、特定の宗教宗派を超えた、根源神の息吹が降りている場所です。キリスト教の高い神霊と通じる人が、外宮に行くとキリストを感じます。ユダヤ教の最高神と通じる人は外宮では、ヤハウェを感じ、仏教の高い境涯に至った人が行くと、仏性を外宮で感じるでしょう。


太古のロマン 2007-09-18 20:12:28

モーゼに十戒石を授けた神は、ヤハウェです。
ユダヤ人たちは、直接神の名を口にするのは恐れ多いと考え、ヤハウェを「アドーナーイ」と読み替えていました。
実際の会話では、アドナイとも聞こえるでしょう。
このアドナイの語源は、日本語の古語である アナナイから来ています。
アナナヒ: 古語 「麻柱」の意味「助けること。支えること。特に、高い所に上がるための足がかり。足場。あししろ。あぐら。」(日本国語大辞典/小学館)という意味。
アナナイは、神道系の教団では、三五と表記して、神示などで、重要な意味を持つようです。


灯台もと暗し 2007-08-27 20:55:48

伊勢の外宮には、天の父たる、天之御中主神=国常立太神が北極星の姿で居ます。
世界一の超能力者と言われた、ブルガリアのべラ・コチェフスカさんが、伊勢外宮の多賀宮の前で額づいて「唯一無二の聖地」と評して、ヤハウェが鎮まる地だと霊視したのは、正しいです。


関連コメント

地球=ヤハウェ、エホヴァ なのでしょうか?

。。。言えます。
2013-10-30 14:14:01


聖書にソドムとゴモラの住人が好色(不倫、獣との交わり)や暴力などの度重なる蛮行を行ったので神罰により、主によって国と住民を滅ぼしたと記されていますが、この主というのは、国常立太神の事ですか?

。。。エホバ=国常立太神、の7次元がしています。
2013-07-30 20:55:03


今回、私は内在神への道の本を読ませていただきました。
そこにエホバという名前の神様が、何回か出てきます。聖書では、エホバは、イエスキリストの父となっていますし、地球を作られた神様です。もしご迷惑でなければ、もっと詳しく神様の魅力を教えて頂けませんか?

。。。聖書でのエホバは、7次元の現れです。
非常に厳しくて厳格です。
海も割れば、民族へのエコヒイキもします。
和名では、国常立太神と言います。鬼門金神です。
エホバは伊勢神宮外宮の多賀宮に鎮まります。
まず、「読むだけで人生が変わるたった一つの方法―伊勢白山道Q&A事典」を出来れば何度も再読してください。
2013-07-11 20:01:58


ところで 天之御中主ノ大神様の存在 教えて 戴きませんか? 以前気になった事がありました

。。。人間が名前を付けた神よりも、内在神は上であることを忘れないように。
その御神名は、エホバであり、大国常立太神でもあります。
「読むだけで人生が変わるたった一つの方法―伊勢白山道Q&A事典」を出来れば何度も再読してください。
2013-06-19 19:38:57


キリスト教の、主よ、という言葉がありますが、これは、実際は、アメノミナカ「主」という意味なのではないかと今日ふと思ったのですが間違いでしょうか?

。。。そうなります。別名エホバです。
2012-12-15 14:09:59


私などは零感ですので、自宅の神棚にも外宮内宮でも「なにごとかおはしまするかしらねども」な存在への感謝を捧げるしか出来ていないのですが、今月23日には全国津々浦々で天長祭がとり行われますね。その日、神棚や氏神さま、また内宮などを参拝させていただくことがあったら、国家の依代でいらしてくださる天皇陛下と、その大元たる国魂さまへの感謝の気持ちを、神前でふと思ってしまいそうです。ここはこらえて普段通りの感謝一本がよろしいと思われますか?

。。。感謝1本で十分です。
本当の巨大な神だからです。
細かい言いつけは、逆に不信であり不要です。
外宮は、超太古から生きている創造神です。エホバでもあります。北極星でもあります。
内宮は、太陽神が降りています。
2012-12-10 14:32:13


長靴国の首都の隣にある小さな国の寺院に行きました。
建築史的には、様式の変化が見て取れる建物として有名です。
セキュリティーチェックを受けて入る内部には、素材は豪華/巨大ですが
「搾取」という言葉がうかんでくるものが所狭しと並べられていました。(コメ国の西部・塩湖の大きな寺院を連想しました。)
黒大理石で作られた4本の柱に植物が巻き付いて螺旋状になっているものがありましたが、おどろおどろしい黒ヘビという印象でした。
折しも、日曜日でみさが行われており、その寺院のトップの方のお顔が、液晶の巨大画面にアップで写っていましたが、
日本の象徴でいらっしゃる方とは対極のものを感じ、見るに堪えませんでした。

。。。地球霊である国常立太神の意思が発露します。
今の人類には厳しいかも知れません。
エホバの7次元の現れは、言葉にするには語弊が生じます。海でも本当に割ります。
2012-07-07 18:15:27


ヤハウェで調べると7次元のエネルギー体とありましたが、エホバとヤハウェは、同じエナジー体ですか?何段目とかもですか

。。。神は元は1つに収束します。
同じでよいです。
2012-02-05 22:04:56


白山くくり姫神の何段目が上杉謙信に受肉したのでしょうか?

。。。7段目です。
エホバにしても、7段目が受肉すれば、結構なムチャもします。
2012-02-05 15:14:42


国常立太神(くにとこたちおおかみ)=ヤハウェ というのが時折出てきますが、国常立太神=地球神霊 でしたらとても理解し易いのですが、
ヤハウェ=エロヒム=シュメール(スメラ?)のアヌンナキ
と考えると、アヌンナキ=国常立太神 になってしまいます。アヌンナキは地球神霊ではないと、私は思っています。
リーマンさんのおっしゃる「国常立太神=ヤハウェ」について説明頂けたら理解しやすく思います。

・・・本の神界図にあるように、国常立太神でも沢山の段階があります。
スサノオでもそうです。
次元段階が違えば、=では無くなりますね。
2009-06-18 14:53:03


2chログ
どうも、たくさんのスレありがとう。
えーと、私に判ることだけにカキコしますので、あしからず。


このロシア人の話は、面白いですね。 強烈な力を持つ人が多いですからね。
このロシア人がエホバを感じた小さい社は、おそらく外宮内にある多賀宮だと思います。
この社は、小高い丘の上にあるのですが、お参りした時に、古代に異国風の人々が丘の上を5Mほど
掘り下げて、何か柩を埋める様子を感じました。 後年、その真上に社が立てられたと。
その時は、不思議な感覚だけで終わりましたが、もし実際何か埋まっていて発見された場合、
古代史がひっくり返るかもかも。

あと、sage表示については、私も色んな人に外宮の存在を知ってほしいだけなので
批判も含めてアゲて行きましょうかね。 
2007-01-30 18:48:01


2chログ
ふうー、風呂はいってきた。


それは、私の独自観ですね。 あなたにも、神にたいする概念があるように。
ただ、世界中の宗教家に外宮に行ってほしいです。 とくにユダヤ教の聖職者には。
かならず、エホバを感じるでしょう。 自信があります。 熱心なクリスチャンはキリストを感じるでしょう。
あそこは、地球レベルのとこなので人間宗教を超えてます。
2007-01-28 22:40:20


20140803

  • 最終更新:2015-11-28 23:33:22

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード