かぐや姫

■かぐや姫について
目次

関連記事

竹取物語 2007-09-01 17:35:14】

この物語は、史実を踏まえた上での、娯楽としての読物です。
竹取物語から、最初に浮かんで来るのは、竹林です。
奈良時代のころでしょうか。
中国、朝鮮半島からの渡来人の集団が、西日本の色んな地に村を作り、住み着いていたようです。
渡来人は、竹を大陸から持って来て、村の回りに植えたようです。竹を生活に使用する文化を持っていたのでしょう。
現在でも、地名に竹がつく地域や、古くからの竹林が在った地域は、大昔に渡来人が来た場所かも知れませんね。

竹取物語の主人公である、かぐや姫の原型となった女性は朝鮮半島の戦乱から、海を渡って逃れて来た一族の子孫のようです。かなりの美人です。色白で目鼻がクッキリした女性です。おそらく遠い先祖は、シルクロードを伝って来た西洋人の血が混入しているのでしょう。
この女性は、朝鮮半島に在った王族の血筋のようです。
女性の村は、現在の京都近郊に在り、大きな竹林に囲まれていました。
朝鮮半島の、ある時代の戦乱が一区切りした時に、或る王族の血を絶やさない為に、子孫を日本へ探しに来て、海の向こうへ連れ帰ったようです。
当時の人間には、日本海を渡ることは命がけで、現代人が月へ行く事と同じだったでしょう。
竹取物語には、御門=天皇が登場してますが、これは意味が深そうです。天皇が物語に登場する事が、頻繁に有り得るのかどうか、私には分かりませんが、天皇家と、この一族には深い関係が有ったようです・・・・・・。
以上は、晩夏の夜の、私の夢物語でした。チャンチャン。


関連コメント

ふと思ったのですが、かぐや姫はなんの目的で月からやってきたのでしょうか?
嫁いだ、という開示は

。。。色んな比喩がコメられているのは事実です。

基本は、【竹取物語 2007-09-01 17:35:14】
ですが、

これとは別に、
月の住人が、遺伝子の採取、種の育成に若い黒髪の女性を欲したことも、大昔にあったことを感じます。

英国の軍部の要人が、UFO問題でのインタビューで、詳しいことは日本人に聞くべきだと煙に巻いたことは知られています。
情報を知っています。
2013-09-22 14:25:17


月の裏側には魂を食べる存在がいると聞いたように思いますが。今日の記事では月に住む存在は人類を助けてくれるように思いましたが、月には相反する二つの存在がいるのですか

。。。色んな種族が居ます。
太古の戦争の跡も、残骸として残っています。
かぐや姫が嫁いだ、日本人と似た種族は、月の中です。
月の表面は、次元が落ちる種族です。
2013-09-21 23:50:26


一般的に表現される「菫色の瞳」、実際には存在しないそうですが、ミカエルなどは巻き毛の金髪に青い瞳で描かれることが多いような気がします。青はスサノオやシバ神の青とも共通すると、こちらで知りました。

。。。。イギリス軍部の機密情報に、月に住む住人は、黒髪に黒い瞳で日本人にそっくりだという情報があります。

だから日本人がコンタクトを取るのが一番に違和感が無いだろうと予測されています。
これはイギリスの別の科学者が冗談交じりで言っています。しかし、情報を知った上です。

つまり、並行する時間軸において、未来の日本人が月にいる可能性もあります。
今の時点では、磁気のカタマリで姿が見えないが、何かの映像では現れることがあります。

かぐや姫伝説も、比喩に満ちています。
2012-11-10 10:14:08


20140816

  • 最終更新:2015-06-05 21:50:24

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード