お多福

■お多福について  関連キーワード 「おたふく」「オタフク」
目次

関連記事


倭姫は、とても小柄な姿に観えます。身長は120~130cmぐらいに見えます。顔の形は、おでこが少し張り出し、ほっぺたが福よかです。
伊勢のお土産のデザインで使用されています、お多福さんに顔が似ています。縁起が良いとされる、お多福顔の起源は倭姫にあると、私は思っています。
おでこの張りは、倭姫が持った意志の強さと呪術師としての側面を表していると感じます。


静かなホホ笑みは強い 2010-04-05 11:49:52

私が感じる神様とは、いつも静かな歓喜に満ちたエナジー体です。伊勢などに行きますと、このエナジー体が数段は次元が下がった状態で、人格神(人間の姿を取ります)の形象で現れます。女性のお多福顔の様相です。やはり、いつも静かに笑っています。


伊勢日記 2 2009-04-12 06:58:55

神主の始祖とも言える皇女の倭姫(やまとひめ)は、お多福顔の女性でした。
少しおでこが隆起しているように感じます。
これは意思の強さと癇(かん)が強い事を意味しており、神懸る女性の顔相としては最高です。
女性としての幸は薄かったかも知れませんが、天照太御神に愛された人でした。



伊勢神宮 内宮 に午前9時過ぎに到着する。もう既に内宮正面前の無料駐車場は満車の為、先頭車から順番にUターンして後方の有料駐車場へ向かい出している。
私は困ったなと思った時、一番奥の駐車場のほうで お多福顔の神霊が手招きする様を感じたので、Uターンする振りをして、駐車場奥に車を突っ込んだところ、隠れた奥に1台分のスペースを見つけることが出来ました。
(中略)
内宮参拝を終え、そのまま おかげ横丁 へ行きました
通りを歩くと、暫く行くと左側のお店の前に木造の大きな お多福像 がドーンと置いてあります。昔から置いて在りましたが、今回は良くお顔を拝見すると、先ほど駐車場で呼んで呉れた神霊とソックリなので良く出来ているなあと感心しました。これは伊勢独特の 神の眷属です。昔から幻視されていたのだと思いました。


関連コメント

お多福顔の眷属ってあるんですか?・・・
以前、内宮本殿を写した写真にも、心霊写真としてハッキリ写ってましたよ。
その正体って一体何ですか?

。。。倭姫命の分霊だと思います。
倭姫命の顔は、お多福さんソックリですよ。
2007-06-21 20:42:53


20140813

  • 最終更新:2015-02-13 20:24:33

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード